このページの本文へ

「ユニティちゃん」歌声ライブラリーを無償提供

UnityでVOCALOIDが利用可能に! SDKを12月に提供開始予定

2015年08月26日 17時34分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Unity上でVOCALOIDを利用可能になる「VOCALOID SDK for Unity」が12月から提供開始に

 ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは8月26日、ゲームエンジン「Unity」上で歌声合成技術「VOCALOID」を利用可能にするプロジェクト「VOCALOID for Unity」を発表した。

 VOCALOIDの一部機能をUnity向けに開放することで、誰もが自由に歌声を利用した音楽ゲームやインタラクティブなコンテンツを開発できるようになることを目指すという。

 12月には、UnityからVOCALOIDの歌声合成エンジンをシームレスに利用できる統合開発環境「VOCALOID SDK for Unity」を提供予定。別途制作されたVOCALOIDのシーケンスデータ(VSQ、VSQX)をもとに、ゲームやコンテンツ内でさまざまな歌声を動的に生成可能になるとしている。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのオリジナルキャラクター「ユニティちゃん」のボイスが歌声ライブラリーとして無償提供される

 合成に使用する歌声は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが提供するキャラクター「ユニティちゃん」のオリジナルボイスを共同開発。VOCALOID SDK for Unityにインポート・利用できる歌声ライブラリーとして提供されるほか、既存の歌声ライブラリーの追加も予定しているという。ユニティちゃんの歌声ライブラリーは、制作されるコンテンツが「ユニティちゃんライセンス条項」に準拠することを前提に無償で提供される見込みだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン