このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Z170マザーの特徴をメーカー別にチェック第3回

ゲーマー向け機能を豊富に搭載するMSI製Z170マザー

2015年08月26日 12時00分更新

文● 平澤 寿康 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4大マザーボードメーカーのZ170マザーボードの特徴を紹介するこの特集。第3回目はMSIだ。

 近年MSIは、ゲーミングやオーバークロックに特に力を入れており、ゲーミングPC向け製品を豊富に用意している点が特徴となってる。

Skylakeに対応したMSIの100シリーズマザーボード

ゲーマー向け機能を豊富に搭載

 MSIはゲーミング向けマザーに力を入れているとは言っても、メインストリーム向けやエントリー向けの製品も多数販売している。

 ただ、第6世代Coreプロセッサー向けチップセットとして最上位となるZ170では、搭載マザーも上位の製品に偏ることになる。そのため、現在MSIが販売しているZ170搭載マザーは、そのほとんどが「GAMING」シリーズの製品となっている。

ゲーミングマザーだけでエンスージアスト、パフォーマンス、アーセナルの3タイプが存在する

 GAMINGシリーズでほぼ共通の特徴となるのが、強化されたPCI Express x16スロット「MSI Steel Armor」の採用だ。これは、プラスチック製のPCI Express x16スロットを金属製のカバーで覆うことに加え、基板とのはんだ付け接点を増やすなどして耐久性を高めたもの。

 従来のスロットに比べて4倍強度が高められているそうで、重量級のハイエンドビデオカードを装着してもスロットが破損する心配がない。

「MSI Steel Armor」は、はんだ付け接点を増強し、従来のスロットに比べて4倍強度が高められている

 また、GAMINGシリーズの半数ほどがLANチップに「Killer E2400」を採用するとともに、「MSI GAMING LAN Manager」によってアプリケーションごとのネットワーク優先度を割り振り、ネットワークに厳しいゲームなどは優先的にデータを伝送するといった最適化によって、遅延の少ないネットワーク環境を実現。

GAMINGシリーズの半数ほどがLANチップに「Killer E2400」を採用

 さらに、LANコネクターには15KVまで耐えるサージ保護機能も搭載。ネットワークまわりの品質の高さは、MSI製GAMINGシリーズマザーの特徴と言える。

 この他に、ワンクリックでオーバークロックが可能な「Game Boost」や、一般的なキーボードで本格的なマクロ機能を利用可能にする「Gaming Hotkey」、高解像度表示に対応したビジュアライズUEFI BIOS「CLICK BIOS 5」などを搭載。ゲームを快適にプレイするために便利な機能が満載となっており、ゲーミングPC用マザーボードとして注目すべき存在だ。

ワンクリックでオーバークロックが可能な「Game Boost」;

(→次ページヘ続く 「Z170A GAMING M9 ACK」)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中