このページの本文へ

Skylakeが販売解禁! アキバでは延長営業に行列も!

2015年08月05日 23時55分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの“Skylake”(開発コードネーム)こと第6世代Coreプロセッサーと対応マザーボードの販売が、8月5日21時に解禁。秋葉原では複数ショップが閉店時間を延長し新CPUとZ170チップセット搭載マザーボードの販売を実施した。

秋葉原では複数ショップが閉店時間を延長し新CPUと新チップセット搭載マザーボードの販売を実施。ドスパラ パーツ館では、たまたまいた?高橋敏也氏がくす玉割りを行なった

 延長販売を実施したのは、ソフマップ秋葉原リユース総合館とドスパラ パーツ館。それに普段より22時まで営業しているツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.も加えた計5店舗で行なわれた。解禁時間の22時前には、各ショップとも購入予定のユーザーが行列を形成。解禁時間を過ぎると、お目当てのSkylakeやマザーボードを次々と購入してく姿が確認できた。

ドスパラ パーツ館前には22時前に購入待ちの行列を確認。Z170搭載の対応マザーボードは店内中央に用意されていた
解禁直後の様子。購入希望のユーザーで店内はいっぱいに
ソフマップ秋葉原リユース総合館も延長営業を実施。「Core i7-6700K」がよく売れたという
ツクモパソコン本店では、早くも店内にASUSの案内POPが
4階のCPU売り場で販売するTSUKUMO eX.。21時直前には2階から3階に上る階段の途中まで列が伸びていたカウントダウンイベントはなく、21時から静かに販売が始まる。しかしフロアーは自作マニアの熱気でムンムン

 なお、発売されたCPUは「Core i5-6600K」と「Core i7-6700K」の2モデル。CPUクーラーは付属せず、従来の製品とは異なるカラフルなパッケージが採用されている。パフォーマンスについては「Skylakeこと第6世代Coreプロセッサーの性能を速攻チェック」に詳しいのでそちらを参照してもらいたい。価格および販売ショップは以下の通りだ。

発売された「Core i5-6600K」と「Core i7-6700K」
「Core i5-6600K」(左)と「Core i7-6700K」(右)。内蔵グラフィックス機能は、DirectX 12に対応する「Intel HD Graphics 530」
価格ショップ
「Core i5-6600K」
¥32,480ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
¥32,980ソフマップ秋葉原リユース総合館
「Core i7-6700K」
¥46,480ドスパラ パーツ館
ツクモパソコン本店
ツクモDOS/Vパソコン館
TSUKUMO eX.
¥47,980ソフマップ秋葉原リユース総合館
さっそく「Core i7-6700K」でオーバークロックしたい、と意気込むジサトラ キタムラ。だがCPUをいじれるのはこの記事の編集が終わってから!

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中