このページの本文へ

お盆もやるぞ! 毎日アスキー・ジャンク部 ― 第1回

ジャンク部再び! セブン-イレブン最強グルメを決める!

2015年08月08日 17時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GWにセブン-イレブンでおススメの食べ物を語り合うために集まったアスキー・ジャンク部(関連記事)。

GW時に持ち寄ったセブン-イレブングルメはこちらです

 それぞれ持ち寄った商品の感想を述べながら美味しくいただき、盛り上がったのだが、編集部内からも読者の皆さんからも「まだほかにもあるんじゃない?」という話が多く聞かれた。

 そこで、再びスマホ班の班長オカモト、エナドリ番長スエオカ、辛いもの好きなニシマキが集まり、セブン-イレブンで買える「これは美味い!」な商品を持ち寄った。

スエオカがオススメの
「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」

まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー

 まずはスエオカがオススメの「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」から試食。マンゴーにパッションフルーツピューレと蜂蜜を加えたアイスバーで、ちょっと甘みが強そうに思うが、食べてみると名前のとおり凍らしたマンゴーそのもの。

 オススメしたスエオカは「これはすごい美味しいよ。ジューシーかつ、ネットリした感じがとてもマンゴーっぽい」と絶賛。オカモトは「これめちゃくちゃ美味しいですね。ただ、もう少しさっぱりしていた方が好みです」と甘みについて指摘した。ニシマキは「甘いものが苦手ですが、これが美味しいというのはすごくわかります。ネットの評判が高いのもうなづけますね」と良い印象を抱いていた。

 おおむねマンゴーを食べているようだと高評価を持ち、135円という値段についても「それなら買い!」と納得の商品だった。

「これをオススメしたオレはさすが」と豪語するスエオカ

オカモトがオススメする
「7プレミアム ふっくら豆もち 塩」

7プレミアム ふっくら豆もち 塩

 オカモトが持ってきたのは「7プレミアム ふっくら豆もち 塩」。新潟県産のもち米「わたぼうし」に、甘味のある北海道十勝産「大袖振り大豆」を練りこんだという、素材からこだわりの見える商品。食べてみるとおせんべいな見た目とは裏腹にとってもふっくらしている。ちなみに製造は岩塚製菓が担当とのこと。

 ニシマキとスエオカは食べた直後「やわらけえ!」と叫び、オカモトは「これこれ、これがいいんですよ!」とウットリ。さらにオカモトは「あんまりしょっぱくないのもポイントです。一袋でナトリウムは32mgだから、いっぺんに食べても塩分過多にならないのがいいんです!」と商品のよさを解説してくれた。

 難点としては価格。9枚入りで213円と、セブン-イレブンで買うとしたらちょっと高価に感じられる。「大人のぜいたく」と評するオカモトの発言もうなずける。

「いつの間にかなくなっているほど止まらないんです!」とオカモトは説明する

ニシマキのオススメは
「味付き半熟ゆでたまご」

味付き半熟ゆでたまご。これってどうやって作っているのだろう?

 最後のニシマキがオススメするのは「味付き半熟ゆでたまご」。殻付きなのに味が付いているという不思議な商品だが、味はちょうどいい塩加減のゆでたまごだ。

 食べる前、オカモトは「これただのゆでたまごじゃないですか」と、スエオカは「これはもう筋肉マンの作者じゃん」と冷ややかな印象だった。対してニシマキは「ちょうどいいしょっぱさで朝ごはんにぴったりなんですよ!」と2人を説得。

 食べてみると2人とも「マジで塩加減がちょうどいい」と高評価だった。しかしネックなのは1個73円というお値段。価格を知るとお金にうるさいオカモトは「ゆでたまごだよね……」とやや納得いかない表情だった。

「半熟なんですよ!」と言いながらニシマキが割るも、大して半熟じゃなかった。殻付きなのに味がついていることについてスエオカは「ニワトリが塩をいっぱい食べてるんだ」と謎理論を展開

 3商品とも味は文句なく美味しいことがわかった。あとは価格に対してどう思うかだろう。今回は味、価格ともに3人とも納得したのはまるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー。今の時期、猛烈に暑いので見つけたら涼みがてら食べてみることをオススメする。

全部美味しかったのでぜひ!

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社