このページの本文へ

登山・トレッキング・に最適な高精度ナビゲーション機能も搭載

5つのセンサー情報を統合化した高精度トレッキング・ギア「WristableGPS for Trek」

2015年07月27日 16時09分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブラックおよびシルバーの2モデルが用意される 

 エプソンは7月27日、GPSに加えて気圧計などのデータを統合し、高精度な計測を行なうリストバンド型トレッキング・ギア「WristableGPS for Trek」を発表。8月7日より発売する。

 GPSに加え、地磁気センサー、加速度センサー、温度センサー、気圧センサーから得られた情報を独自アルゴリズムによって統合化する「センサー・フュージョン・テクノロジー」を採用。一般的なアウトドア・ウォッチの気圧計に依存する高度測定よりも高い精度で標高の測定を行なう。さらに、ナビゲーション機能も搭載しており、あらかじめ設定したルートをトレッキングする際、“あとどれくらい歩くのか”に加えて“あとどれくらい登るのか”という3D標高ナビも可能。

多彩な表示機能を持ち、普段使いの腕時計としても利用可能

 10気圧防水、頑丈なボディーにもかかわらず本体重量65gと軽量なため、トレッキングやランニングの負担にならない。内蔵バッテリーはGPS毎秒計測でも46時間、GPS間欠計測ならば110時間、時計表示(オートスリープ)ならば30日間稼働する長時間動作を実現している。

パソコンやスマホと連携、昭文社「山あるきデータ」の「日本百名山おすすめ登山コース」が登録可能して同じコースでトレッキングできる

 インターフェースはUSBおよびBluetooth Smart。登山/トレッキングルートとして100ルートがインストールされているほか、パソコンやスマホで作成したルート(最大50)を追加登録できる。ナビ以外にも、トレッキングやランニングのログ(最大150時間分)を記録可能。

WEBアプリ「NeoRun」と連携し、トレッキングやトレーニングのログ管理、コミュニティも用意される

 GPS測位は準天頂衛星みちびきにも対応する。サイズは幅47×高さ61×厚み16mm、ベルトサイズ18mm。予想実売は4万円台後半(税別)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン