このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第133回

ARROWS NX、Xperia Z4、Galaxy S6、2015年夏最強スマホ対決!

2015年07月07日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 続々と発売が始まった今年の夏モデル。どの機種も過去最高のスペックばかりだが、そのなかであえて“最強スペック”のスマホとなると、ARROWS NX、Xperia Z4、Galaxy S6 edgeは有力候補なるだろう。ではそんな3機種のなかで真の最強は? まずはスペックと料金を比較する。

ARROWS NXXperia Z4Galaxy S6 edge

オクタコアは当たり前
スペックが超高い夏モデルの3機種

 夏モデル最強をテーマに集めたのは「ARROWS NX」「Xperia Z4」「Galaxy S6 edge」の3機種。ARROWS NXはドコモのみで、Xperia Z4とGalaxy S6 edgeは3キャリアから発売されているが、それぞれau版とソフトバンク版を今回は用いている。

 それぞれ発表会前後から大きな話題になった機種だが、あらためて簡単に紹介する。

●ドコモ「ARROWS NX F-04G」
 もともと指紋認証をはじめセキュリティー機能を充実させてきた富士通だが、このモデルでついに画面を見つめるだけでロックが解除できる「虹彩認証」を採用した。5.2型WQHD液晶やSnapdragon 810搭載、防水・防塵対応など、そのほかのスペックももちろん最強クラスだ。

●au「Xperia Z4 SOV31」
 人気のXperiaらしいデザインはさらに洗練され、電源キーをはじめ細部にまでこだわりが見られる。もともと定評あるカメラも、インカメラも510万画素と自撮りへと本格的に力を入れてきた。ドコモ/ソフトバンク版もほぼ同スペックだ。

●ソフトバンク「Galaxy S6 edge」
 左右側面が曲面の「デュアルエッジスクリーン」を実現。おかげで本体サイズは他の2機種とほぼ同等なのに、持ってみると一回り小さく感じる。5.1型WQHD解像度の有機ELに加え、サムスン製のオクタコアCPUを搭載する。こちらもドコモ/auから購入可能だ。

 3機種ともスペックについては過去最高クラスの性能となっている。まとめると以下のとおりとなる。

  ドコモ
「ARROWS NX
F-04G」
au
「Xperia Z4
SOV31」
ソフトバンク
「Galaxy S6
edge」
メーカー 富士通 ソニーモバイル サムスン電子
本体サイズ 約70×146×8.8mm 約72×146×6.9mm 約70×142×7mm
重量 約155g 約144g 約132g
画面サイズ 5.2型 5.2型 5.1型
画面解像度 1440×2560ドット 1080×1920ドット 1440×2560ドット
OS Android 5.0.2 Android 5.0.2 Android 5.0.2
CPU オクタコア
2GHz+1.5GHz
オクタコア
2GHz+1.5GHz
オクタコア
2.1GHz+1.5GHz
ROM/RAM 32GB/3GB 32GB/3GB 32/64GB/3GB
メモリーカード microSDXC(128GB) microSDXC(128GB) ×
下り最大通信速度 225Mbps 225Mbps 187.5Mbps
4G対応周波数 2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
/700GHz
2.5GHz(WiMAX 2+)
/2GHz/800MHz
/700GHz
2.5GHz(AXGP)
/2GHz/1.7GHz
/900MHz
キャリアアグリゲーション
VoLTE
連続通話時間 1200分 1280分 1470分(3G)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
テザリング
カメラ画素数 2150万画素 2070万画素 1610万画素
インカメラ 240万画素 510万画素 500万画素
防水/防塵 IPX5/
IPX8/IP6X
IPX5/
IPX8/IP6X
×/×
ワンセグ連続視聴 7時間10分 9時間 8時間20分
フルセグ連続視聴 4時間40分 6時間40分 5時間10分
FeliCa
赤外線通信 × ×
NFC
Bluetooth 4.1 4.1 4.1
MHL(HDMI) ×
Miracast
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 3120mAh 2930mAh 2600mAh
Qi × ×
カラバリ Iris Green、Black、White ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーン ゴールド、ブラック、グリーン、ホワイト

 ディスプレーは3機種とも5型を超えているが、Xperia Z4のみ解像度がフルHD止まり。ARROWS NXは重く、Galaxy S6 edgeは軽め(ただし防水・防塵非対応)。そのため持ったときの印象はARROWS NXは大ぶり、Galaxy S6 edgeは軽量でコンパクトに感じる。

 3機種ともAndroid 5.0、オクタコアのCPU、内蔵メモリーも3GBと豪華な数字が並ぶ。ただしGalaxy S6 edgeのみ外部のメモリーカードに対応していない。その代わりか内蔵ストレージが64GBのモデルも用意されている。

 通信速度については、数値上の差はあるが、基本的に各社の最新ネットワークに対応している。最大通信速度はいずれもFD-LTE+キャリアアグリゲーション(CA)によるものだが、ソフトバンクのみ下り187.5Mbpsで、8月以降の対応予定(現在の最大通信速度はAXGP+CAによる最大165Mbps)。音声通話をLTEで行うVoLTEも夏以降対応なので表では△とした(3GでのHD Voiceには対応)。

 カメラの画素数についてはARROWS NXが2150万画素、Xperia Z4が2070万画素、Galaxy S6 edgeが1600万画素と大きな数字が並ぶが、Xperia Z4とGalaxy S6 edgeはインカメラの性能も高い。

 防水・防塵では非対応のGalaxy S6 edgeが脱落。ワンセグ/フルセグの連続視聴時間を見ると、Xperia Z4がスタミナで有利に見える。ただしバッテリー容量ではARROWS NXのほうが大きい。

 赤外線通信を見るとARROWS NXのみが対応。LINEの普及などで、使われる機会も減っているかもしれないが……。また最後にGalaxy S6 edgeがワイヤレス充電のQiに対応。国内では対応機種が減った今になって、海外では普及が進んできた感がある。

 さてスペックを見た印象では、トップはARROWS NX。インカメラやテレビの視聴時間で「?」と思う要素はあるものの、表の上で×が付いたのは、Qiだけというのはインパクトがある。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART