このページの本文へ

現場監督のメモがデジタル化、MetaMojiがデジタル野帳「eYACHO」を発表

2015年06月18日 22時29分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
各分野に特化した「GEMBA」アプリ第1弾のデジタル野帳「eYACHO」

 MetaMoJiは、タブレットやモバイル端末の業務利用を目的とした「GEMBA」アプリ基盤を開発。その第1弾として大林組と共同開発したiPad用デジタル野帳「eYACHO(イー・ヤチョウ)」のベータ版提供を開始した。製品版の提供は7月を予定しており、1ライセンス月額300円から。機能制限をしたフリー版も予定している。

 eYACHOは、屋外での利用を想定した耐久性の高いメモ帳「野帳(レベルブック)」のデジタル版。手書きやできるノートアプリ「MetaMoJi Note」を基盤に、定形入力や写真挿入・表計算機能に加えて、日付管理や音声録音機能など建設現場での利用シーンに適したテンプレートやアイテムを組み込んでいるのが特徴。

手書きから写真挿入、表計算や録音など必要な機能をすべて盛り込んだような全部入りの性能となっている
アプリに求められる要件。アナログのメモ帳でできる能力を上回る性能が求められた

 eYACHOは建設会社の大林組と共同開発している。大林組は即応体制を整えるため現場のデジタル化を推進しており、5月現在で5300台ものiPadが導入されているという。iPadには定型業務の効率化を目的とした社内開発ソフトを搭載していたが、すべての現場で利用できるツールではなかったという。そこで、現場の利用者すべてが定型・非定型非定形問わず利用できるアプリをという要望を沿って開発されている。

現在はメモ帳に書いて、事務所に戻ってデジタル化するという2重入力する状態になっていた
現場の意見を反映させた非常に緻密な要望が大林組からMetaMoJiに与えられた

 ベータ版の申し込みは同社サイトで受け付けている。今後はデータ共有やコンテンツ配信を盛り込んだTeam EditionをiOS向けに、Android版やWindows版の提供を年内に予定している。

本日18日からベータ版の申し込みがウェブサイトで実施
今後のロードマップ。Windows版やAndroid版も予定している

 同社はGEMBAアプリとして、営業・接客・生産・事故・取材などといったそれぞれの分野に特化したGEMBAアプリの展開を発表した。

GEMBAアプリの展開。取材GEMBAアプリは我々としても大いに期待したい

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART