このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第411回

猫宅訪問! 血統書付き猫「トンキニーズ」3兄弟を撮る

2015年06月19日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
これが「トンキニーズ」。畳の上で気持ちよさそうにゴロゴロしてたので、目元にピントを合わせてぐっと寄ってみた。部屋がシンプルなだけに、余計写真映えするわー(2015年6月 オリンパス OM-D E-M1)
これが「トンキニーズ」。畳の上で気持ちよさそうにゴロゴロしてたので、目元にピントを合わせてぐっと寄ってみた。部屋がシンプルなだけに、余計写真映えするわー(2015年6月 オリンパス OM-D E-M1)

 猫宅訪問シリーズ第4回である。川崎市にお住まいのIさん。

 今度は猫宅訪問シリーズ初……というよりは、猫カフェネタ以外でははじめての血統書付き猫である。品種は「トンキニーズ」。

 シャム猫に似てるなと思ったら、シャムとバーミーズの交配で誕生した種で、1974年にカナダで公認されたそうな。バーミーズはと調べたら、こちらもシャム猫との交配で誕生したそうで、シャム猫っぽいのも当然であるか。

 で、訪問したら、玄関先に同じ猫が2匹!

 さらに奥から1匹現れて3匹。トンキニーズ三兄弟。圧巻。

 ブリーダーを訪問した際、1匹だけのつもりが、つい三兄弟全部をひきとってしまったそうで、名前は「大福」「最中」「小太郎」。「だいふく」、「もなか」と来たので、「こたろう」も和菓子かと思いきや、違うらしい。

 3兄弟となると3匹揃った写真が欲しいところであるが、すまん、ほとんどない。3匹とも性格がまったく異なっていて、なかなか集まってくれないのだ。

 かろうじて1枚あったのでこれをどうぞ。

飼い主のIさんが差しだした指に誘われてやってきた3匹。左から「最中」「大福」「小太郎」……違ってたらすまん(2015年6月 オリンパス OM-D E-M1)
飼い主のIさんが差しだした指に誘われてやってきた3匹。左から「最中」「大福」「小太郎」……違ってたらすまん(2015年6月 オリンパス OM-D E-M1)

 3兄弟っぽいでしょ。

 漫画的類型でいえば、こういうのに真っ先に飛びついてじゃれるのは末っ子。続いてやってきて兄貴ヅラして奪っちゃおうとしてるのが次男。後ろからそっと見守るおとなしいのが長男。

 正解ですかと聞くと、ちょっと違った。

 指に飛びついてるのが末っ子の小太郎。後ろから見守っているのが最中で彼が次男。中央の堂々と歩いてきたのが大福で長男。

 3兄弟といっても、同時に生まれてるので長幼の序なんてなさげだが(みんな5歳だし)、見ているとやはり性格が全然違うのである。面白いわ。

 で、数時間、猫の性格を楽しみながら楽しく猫と遊んだり飼い主さんと談笑したり写真を撮ったりして過ごして、帰宅して、さあこの記事を書こうと写真を整理してたらはたと困った。

 「どれが誰だかわからない……」。兄弟が並んでいると区別も付くし、その場ではちゃんと把握したのだが、1匹だけの写真を見るとわからないのだ。違ってたら申し訳ない。

 何しろ冒頭写真の猫がすでにあやしい。畳の部屋でごろんと転がってて、その畳が「桜色」というなんともいい感じの部屋なのであるが、転がってる猫が最中なのか小太郎なのか思い出せない。大福は毛の色が白っぽいのでちょっと違う。Iさん、文中で名前を間違えたらすみません。

(次ページに続く、「警戒する3兄弟猫と仲良くなる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART