このページの本文へ

ヤマハ「ヤマハ ミキシングコンソール AG03-MIKU」

ヤマハのネット配信向けミキシングコンソールに初音ミクモデルが登場

2015年06月17日 22時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネット配信に適した機能を備えたミキシングコンソールの新製品「ヤマハ ミキシングコンソール AG03-MIKU」がヤマハから発売された。「初音ミク お試しセット」が同梱される。

インターネット配信に適した機能を備えたミキシングコンソールの新製品「ヤマハ ミキシングコンソール AG03-MIKU」

 製品は1月に発売されたミキシングコンソール「AG03」の「初音ミク」モデル。パッケージや本体は、クリエイターiXima氏が描き起こしたオリジナルデザインを採用する。

 製品には「初音ミクV3(ORIGINAL/DARK)」の39日間体験版、サウンド素材「SONICWIRE」のフリーサンプル、「VOCALOID4 Editor for Cubase」の39日間体験版のほか、Steinberg社の音楽制作ソフトウェア「Cubase AI」のダウンロード版ライセンスも付属。「初音ミク」の歌声ライブラリを使用したボーカロイド曲の制作をすぐにはじめられる。

クリエイターiXima氏が描き起こしたオリジナルデザインを採用する

 「AG03」は、最高192kHz/24bitに対応した高音質設計に加え、インターネット配信などに便利なループバック機能やワンタッチでエフェクト・サウンドを実現するDSPなど、幅広い活用ができる基本性能と多くの機能を搭載。また、USBバスパワー駆動に対応しており、PCだけでなく、iPad(iPad 2 以降)との接続にも対応している。

 価格は1万5000円(税抜)。TSUKUMO eX.で販売中だ。

「初音ミク お試しセット」が同梱されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中