このページの本文へ

AMDが“Fiji”こと新GPU「Radeon R9 Fury」を発表

2015年06月17日 03時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは北米時間の16日、ロサンゼルスで開催中の世界最大級のゲーム業界向けイベント「E3」に合わせて記者発表会を実施。開発コードネーム“Fiji”こと最新GPU「Radeon R9 Fury」を発表した。

世界初となるHBM搭載GPU「Radeon R9 Fury」シリーズを発表

 ビデオカードのラインナップは、水冷クーラーを標準装備した「Radeon R9 Fury X」、カード長が7.5インチで空冷方式の「Radeon R9 Fury」、カード長が6インチの「Radoen R9 Nano」、そしてデュアルGPU搭載の「Dual Fiji」(コードネーム)だ。

水冷クーラー標準装備の「Radeon R9 Fury X」
カード長が6インチの「Radoen R9 Nano」
「Radeon R9 Fury」シリーズに搭載されるコアは、ストリーミングプロセッサー数が4096、浮動小数点演算が8.6TFLOPS、トランジスタ数が89億となる

 「Radeon R9 Fury X」は北米時間の6月24日に649ドルで発売、「Radeon R9 Fury」は7月14日に549ドルで発売される。なお、価格は未定ながら「Radeon R9 Nano」は晩夏、「Dual Fiji」は晩秋に発売とのこと。

「Radeon R9 Fury」シリーズを発表する社長兼CEOのLisa Su氏

Fijiを搭載する小型ゲーミングPC「Project Quantum」も発表されたRadeon R9/R7 300シリーズも発表。スペックは不明

※3時50分追記
 現時点で判明しているスペックは以下のとおり。

各GPUのスペック
型番 R9 FURY X R9 390X R9 390 R9 380
製造プロセス 28nm 28nm 28nm 28nm
ストリーミング
プロセッサー数
4096 2816 2560 1792
GPU最大クロック 1050MHz 1050MHz 1000MHz 970MHz
メモリー帯域 512GB/s 384GB/s 384GB/s 182.4GB/s
メモリーバス幅 4096bit 512bit 512bit 256bit
メモリタイプ HBM GDDR5 GDDR5 GDDR5
補助電源 8ピン×2 8ピン+6ピン 8ピン+6ピン 6ピン×2

 Radeon R9/R7 300シリーズの発売日は6月18日(北米時間)で、価格は以下のとおり。

Radeon R9/R7 300シリーズの価格
型番 価格
Radeon R9 390X 429ドル
Radeon R9 390 329ドル
Radeon R9 380 199ドル
Radeon R9 370 149ドル
Radeon R9 360 109ドル

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中