このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート第11回

GIGABYTEが“Alpine Ridge”搭載マザーをCOMPUTEXで公開

2015年06月03日 23時56分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGA1151ソケットの“Skylake”対応マザーボードをCOMPUTEXで展示しているGIGABYTEが3日、新たに上位モデルのマザーボードを報道陣に公開した。

GIGABYTEが“Skylake”対応マザーボードのハイエンドモデルを公開

 これらの製品の公開が遅れた理由は、「インテルが新しいThunderboltコントローラー“Alpine Ridge”を発表するのを待っていたため」と明かした。

製品の公開が遅れた理由を問いただして、GIGABYTEの特殊部隊に消されそうになるジサトラ キタムラ。「絶対記事に書いちゃだめよ! いい、絶対よ」……ごめんなさい、書いちゃいました

 “Alpine Ridge”とは、Thunderboltの最新規格Thunderbolt 3に対応するインテル製コントローラーのこと。Thunderbolt 3はUSB 3.1を兼ねているので、Thunderbolt 3の端子にはUSB 3.1対応機器(Type-Cコネクター)も接続できる。転送速度は40Gbpsで、これはThunderbolt 2の2倍の速度となる。

 “Alpine Ridge”は、ほかにもDisplayPort 1.2とPCI Express Gen3 x4にも対応しているため、コネクター形状がUSB Type-Cであれば、あらゆる機器が接続できるようになる。

 その“Alpine Ridge”を、GIGABYTEはミドルクラス以上の一部のマザーボードに搭載するという。ここでは、本日3日にお披露目となったマザーボードをお伝えしよう。

GA-Z170X-Gaming G1GA-Z170X-Gaming GT
GA-Z170X-Gaming 7GA-Z170X-Gaming 5
GA-Z170X-Gaming 3GA-H170-Gaming 3
GamingシリーズにはPCI Expressスロットに金属カバーが被せてある。ビデオカードのたわみを防ぎ確実に信号をマザーボードに送るほか、若干の放熱効果もあるとのこと
GA-Z170X-UD3GA-Z170X-UD5 TH
GA-Z170XP-SLIGA-Z170X-SLI
GA-Z170-D3HGA-Z170N-WIFI

「Intel SSD 750」をM.2経由で接続する基板を
ハイエンドマザーに同梱する可能性アリ!

 特殊なSFF-8639というコネクターを採用するインテル製SSD「Intel SSD 750」シリーズの2.5インチモデル。あまり普及していないこのコネクターを、M.2に変換する基板「GC-M2-MINI-SAS」を展示していた。

SFF-8639コネクターをM.2に変換する基板「GC-M2-MINI-SAS」

 「GC-M2-MINI-SAS」は、SFF-8639コネクターを装備したM.2接続の基板。マザーボード上にあるM.2スロット(PCI Express3.0 x4)にこの変換基板を差すことで、2.5インチの「Intel SSD 750」シリーズが使用できるようになる。

PCI-Express3.0 x4対応のM.2スロットならば、どのマザーボードでも利用可能だという

 GIGABYTEによると、今回発表したハイエンドマザーボードには、この「GC-M2-MINI-SAS」を付属する予定があるとのこと。これが実現すれば、Thunderbolt 3とSFF-8639コネクターのSSDが使える万能マザーボードとなるわけだ。これは期待したいところだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中