このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「アジアIT小話」 ― 第99回

ガワがニセモノ!? 中国で売られている安いiPhoneの落とし穴

2015年05月21日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
金の卵を割ると、中から1等賞の山寨機のiPhone購入権が出てくるというもの金の卵を割ると、中から1等賞の山寨機のiPhone購入権が出てくるというもの

 最初にこんなニュースを紹介したい。4月26日の夜のこと、武漢で3人の男が住宅街で、人気番組の抽選コーナーを真似た謎の大抽選会を突如開催。

 1等は「iPhone 6を1099元(約2万2000円)で購入できる権利」であったものの、1等をひいた住民の王さんは、それがすぐに山寨機(ニセモノ)だとわかり抗議。

 すると、3人の男は王さんを殴りつけて逃走した(4月27日、武漢晩報)。王さんは武漢晩報にこの事を話し、情報料50元を獲得した。

 イベントを見に行ったと思えば、参加し騙され殴られるという、なんとも踏んだり蹴ったりな話である。なにせiPhoneはiOSを搭載していることから、iPhoneにかなり似せたAndroid搭載機のニセモノは(あるにはあるが)珍しく、イチから似せようとしたものはその多くが上記の話のように、素人でも何かおかしいと判別できる。

 だが、iPhoneの一部分だけがニセモノだったら判別できるだろうか。

ガワはホンモノだけど中身がニセモノのiPhone!?

 「翻新機」という単語がある。その意味は、日本の大手中古PCショップでも見かける、メーカー自らによる「リフレッシュPC」などの再生機である。だが、中国の悪徳業者が「中身をリフレッシュして販売」となれば……。

 確かにマザーボードやCPUやメモリーなどの主要パーツは変えられない。しかし、ディスプレーやバッテリーやガワは変えられる。中古を入手し、ガワや各パーツを中国製の安価なニセモノに変え、オリジナルのディスプレーやバッテリーやガワを修理パーツ用として手元に残し、翻新機のiPhoneを売る業者がいる。

深センのスマホ市場。パーツやパッケージやサービスも売られる 深センのスマホ市場。パーツやパッケージやサービスも売られる

 深センではパッケージングやアクティベーションロック解除やIMEI番号改変のサービスもあり、複数の業者を経て、中古で買い取った製品が「新品未開封の製品」として売られ、中国全土に流れていく(淘宝網でも確認できる)。

淘宝網では防水対応のiPhoneのガワも売られている 淘宝網では防水対応のiPhoneのガワも売られている

(次ページに続く、「サムスンの高級機種は90%超がニセモノ!?」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART