このページの本文へ

レンズ分離型のEX-FR10、QV-10っぽいと感じていた人も多いはず

カシオ、「QV-10」カラーリングのデジカメ事業20周年モデル発表

2015年05月13日 16時49分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
限定カラーリングのEX-FR10(左)とQV-10(右)

 カシオ計算機は5月12日、デジカメ事業20周年を記念した限定カラーモデル「EX-FR10GYSET」を発表、5月22日より販売する。

 カメラ部と液晶画面付き本体を分離できるアクションカメラ「EX-FR10」に、1995年発売の「QV-10」を彷彿とさせるカラーリングを施したモデル。

 QV-10はデジカメ普及製品として最初期のもので、初めて液晶を搭載して撮影直後に画像を見ることを可能とし、現在のデジカメブームを築いた。国立科学博物館が選定する重要科学技術史資料(未来技術遺産)にも登録されている。

同梱のマルチアングルスティックは330mmから1045mmまで伸縮可能

 限定モデルEX-FR10GYSETにはEX-FR10のカメラ部と液晶部を離して装着して、さまざまなアングルで撮影できる専用スティックが付属する。限定2000台、価格はオープンプライス。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン