このページの本文へ

死後のアカウントを託すFacebook新機能、日本でも開始

2015年05月12日 14時41分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
死後にアカウント管理を託す機能が日本でも利用可能に

 Facebookは5月12日、自身の死後のアカウント管理人を指名できる機能を、日本でも利用できるようにしたと発表した。

 米国では2月に追加された新機能で(関連記事)、ユーザーは生前に家族や友人などを死後のアカウント管理人に指名できる。アカウント管理人に選ばれると、故人アカウントのタイムラインのトップに葬儀の予定といった投稿を表示できるようになるほか、友達申請への対応、プロフィール/カバー写真の変更が可能となる。米国外では、日本、オーストラリア、ニュージーランドが世界に先駆けて利用可能となった。

 管理人を指名する際に、Facebookでシェアした写真や投稿、プロフィールなどのアーカイブのダウンロードを許可するかどうかを設定できる。管理人であっても、故人本人としてログインしたり、故人のメッセージを閲覧する権限はない。

 設定ページで「セキュリティ」を選択し、その一番下にある「追悼アカウント管理人」で死後のアカウント管理人を指名できる。指名した人へメッセージを送るオプションもある。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART