このページの本文へ

みんなが安全にドローンを楽しむために、まず行政側が行うべきこと

米連邦航空局がドローン飛行可能エリアをiPhone画面で確認できるアプリを開発

2015年05月11日 15時02分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
B4UFLY(Before You Fly)

 FAA(米連邦航空局)は5月6日、ドローンを飛ばせるエリアをiPhone画面で確認できるアプリ「B4UFLY」(Before You Fly)を開発したと発表した。

 これはアトランタで開催された国際無人機見本市AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International) 2015で発表されたもので、近くに空港や重要施設など、飛行制限空域があるかどうかを画面上で確認できるほか、安全に小型無人機や模型飛行機を飛ばす空のルールを教えてくれる。

地図上で近隣に空港など飛行制限域があるかどうかを確認。問題があれば警告が表示される

 まずiPhoneアプリとして、1000人ユーザーを対象にベータテストを開始する(利用にあたってはFAAにメールを送ってベータテスター登録を行う)。また、Androidアプリも予定しているという。

 FAAによれば、長年のラジコン飛行機愛好家ならば知っていて当然の情報でも、近年ドローンを買ったばかりのユーザーには知らないことが多く、模型飛行機協会や小型UAV連盟などの団体と協力し、ドローン初心者に正しい知識を伝えるために機会を提供するものだという。FAAでは年内に「飛ばす前に知っておこう」キャンペーンを開始し、ドローンの責任ある利用を促進するとしている。

有人機のようにプライトプランを制作できる。米国ではドローンを商業利用する際にはFAAにプライトプランを提出する必要がある。ホビー利用には必要ないが、商業ドローンに準じるような使い方も想定しているようだ。

 急速な普及に伴って初心者による無謀なドローン飛行が日本以上に深刻なアメリカだが、まずは空のルールやユーザー責任などの情報を利用者にきちんと伝える努力を行うという姿勢は、まず規制と安易な解決法を求める声を上げるよりもはるかに適切なアクションと言えよう。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART