このページの本文へ

IPCの40%向上により、大幅な性能アップを実現

AMDの次世代CPUコア「Zen」は2016年リリース、IPC40%向上

2015年05月08日 14時17分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
新世代x86コア「Zen」搭載CPUが2016年にも登場

 米AMDは現地時間5月6日、市場関係者向けイベント「2015 Financial Analyst Day」でCPUロードマップを一部公開し、次世代アーキテクチャー「Zen(コードネーム)」を搭載したデスクトップ向けハイエンドモデル「AMD FX」を2016年内に市場投入すると発表した。

IPCが従来より40%向上。大幅な性能アップが見込める

 Zenは完全新設計のx86コア。現行アーキテクチャー「Bulldozer」世代の「Excavator(コードネーム)」に比べ、クロックあたりの命令実行数を示すIPC(Instructions Per Clock)が40%向上するとしている。また、AMDのCPUとして初めてSMT(Simultaneous Multithreading)をサポート。メモリーはDDR4に対応し、CPUソケット規格は新型の「AM4」となる。AM4は2016年以降にリリースされる同社のAPUでも採用されるようだ。

 昨今、CPU製品では目立った動きを見せていなかったAMD。従来製品から大幅な性能アップを実現するとみられるZenに要注目だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中