このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

端末を処分する前に慌てず初期化 ― 第1回

スマホ内の個人情報を忘れずに消去!

下取りに出す前に実行! Androidスマホを完全に初期化するテク

2015年05月05日 12時00分更新

文● 外村克也(タトラエディット) 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新端末を購入したときなど、これまで使っていた端末を手放すときに必要なのが初期化だ。Androidには、端末を初期化するためのメニューが用意されているが、気をつけておくべきポイントがある。

 それは端末内に保存されていたデータだ。スマホには、言うまでもなくたくさんの個人情報が入っている。こうしたデータは、初期化によって一見するときれいになくなったようにみえて、じつは消されていないことも。写真などの画像も、残ってしまう場合がある。こうしたデータをきれいさっぱり消すには、2段階に分けて初期化するのがおすすめ。

まずはデータの暗号化を実行

 端末内に残ってしまうデータは、PCに接続することで読み取れてしまうケースがある。これは、ストレージ内のデータを削除したかのように見せかけ、じつはファイルのインデックス情報だけを消しているからだ。

 Android端末は通常の手段だとハードウェアレベルでのフォーマットを行えないので、基本的には完全にデータを消去するすべがない。

 そこでデータの暗号化を利用する。ストレージ内を暗号化することによって、PCなどに外部ストレージとして接続しても、元のデータを読み取れなくするというわけだ。ちなみに、暗号化されたデータを復元するのに必要な情報は、後に行う初期化で消えてしまうため、データが残ってしまっても複合ができない、というわけだ。


アプリ一覧を表示して「設定」をタップ
暗号化を実行するために「セキュリティ」をタップ
「暗号化」欄にある「端末の暗号化」をタップ

注意ポイント

 暗号化の処理には時間がかかるため、バッテリー残量が十分にある状態で実行すること。ACアダプターに接続していれば確実だ。

この画面が現れたら「携帯端末を暗号化」をタップ
確認画面が表示されるので、もう一度「携帯端末を暗号化」をタップ

ポイント

端末の暗号化にかかる時間は、機種や容量にもよるが手持ちのNexus 5ではおよそ30分ほどかかった。


(次ページ「端末の初期化を実行する」へ続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART