このページの本文へ

iPhoneの通知センターを新規通知順に表示させるテク

2015年04月19日 17時00分更新

文● らいら(@lyrahm) 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneの画面上部から下に向かってスライドすると表示される「通知センター」。「今日」ビューにはアプリのウィジェットを置くことで、天気予報やニュース、カレンダーのイベントなどを簡易的にチェックできる。

 一方「通知」ビューには、通知設定を許可したアプリの通知一覧がまとめて表示される。それぞれの項目をタップすることで、該当のアプリが起動しアクションを起こせることは、すでに多くのユーザーが知っているだろう。

「今日」ビューと「通知」ビューは、通知センター上部のタブをタップするか、左右にスワイプすることでも切り替えられる

 しかし通知ビューの中には、放置していた何日も前の通知が上部に表示され、本当に確認したい最新の通知が下部に追いやられていることがある。そうなると毎回通知センターをスクロールしながら情報を探すはめになり、せっかくの便利機能が逆に不便なツールとなってしまう。

 実はその不満は超簡単な設定であっという間に解決できる。「設定」アプリから「通知」を選び、「手動で並べ替え」から「時間で並べ替え」にチェックを変更するだけでよい。

「通知の表示」項目の「時間で並べ替え」にチェック。新しい通知の順に自動で並べ替えられる

 「時間で並べ替え」では日時の降順でリスト表示されるため、新しい通知から確認できるようになる。これで大事なメールや電話があったときも見落としにくくなるだろう。

 ただ通知時間の順ではなく、よく使うアプリの順に通知を表示させたい人もいる。その場合は「手動で切り替え」にチェックを入れたうえで、右上の「編集」をタップ。

「通知の表示」を「手動で並べ替え」にチェックし、「通知」設定画面の「編集」をタップすると、編集モードに切り替わる

 編集モードでは、アプリのリスト右側に並べ替えのマークである三本線が現れるので、アプリをドラッグして利用頻度の高い順に並べ替えていく。並び順が決まれば、「完了」ボタンをタップして終了。よく使うアプリの順に通知表示が変わっているはずだ。

電話やメールの通知は上部、アプリの更新情報は下部など自分なりのルールを決めるとよい

 通知センターはアプリのお知らせをまとめて一箇所で確認できる便利な機能だが、ユーザーがうまく情報の取捨選択をしないと、大事な通知を見落とすミスにもつながるだろう。今回のTipsを活用して、必要な通知は優先的に受け取られる環境に整えておきたい。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中