このページの本文へ

ついに本命登場! Xperia Z4発表&日本発売決定!

2015年04月20日 12時05分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルコミュニケーションズは今日20日、Xperiaシリーズの最新フラグシップ機「Xperia Z4」を発表した。スペインで開催されたMWCでは10.1型Androidタブレット「Xperia Z4 Tablet」のみが発表され、スマホのXperia Z4はまだなのかと注目を集めていた。なお、ニュースリリース内では、今夏以降の国内発売も記載されている。

 Xperia Z4は、従来モデルとディスプレーサイズは5.2型(1080×1920ドット)のまま、厚みが0.4mm薄くなって8g軽量化された。そんな本体サイズは約71.9×146×6.9mm、重さは約144g。スペックを見ると、CPUが64bit対応オクタコア(Snapdragon 810 2.0GHz+1.5GHz)になり、64bit化されたAndroid 5.0とともに大幅な性能アップが期待できる。

 もちろん従来と同様に防水・防塵にも対応し、オーディオジャックとmicroUSB端子が待望のキャップレス防水になったのもトピックである。バッテリーは2930mAhと若干少なくなったが、新しくなったSTAMINAモードのおかげであまり気にならないはず。

Xperiaシリーズのアイデンティティとも言えるアルミ削り出しの電源キーは健在リアカメラは2070万画素でISO 12800に対応する

 通信関連ではLTEのCat.6対応により、下り最大225Mbpsのネットワークが利用できるようになったほか、無線LANでもMIMOに対応し高速化されている。なお、SIMとmicroSDカードスロットが一体型にされているほか、卓上ホルダーは縦型になっている。

ついにXperiaもキャップレス防水対応のmicroUSB端子を搭載

 カメラはリアの画素数こそ2070万画素と変わらないが、世界中で流行している自撮り(セルフィー)のためにフロントカメラは510万画素になり、レンズは広角25mmを搭載しているので、複数人での撮影も容易になった。

 もちろん、Xperiaシリーズのウリであるサウンド面も抜かりはない。ハイレゾ音源の再生は当然として、Bluetooth接続時には最新高音質コーデック「LDAC」に対応。ノーマルのMP3音源もXperia Z4で再生するとハイレゾ音源に迫る音質で聞くことができる「DSEE HX」も搭載されている。

 なお、カラバリはWhite、Black、Copperまでは同じで、もう1色はAqua Greenとなっている。

カラバリは4色

 前述のとおり、国内での発売については今夏以降の予定なので、各キャリアから夏モデルとして順次発表されることが予想できる。なお、今日12時からは発表会も開催されている。実際の製品写真なども、追ってお届け予定だ。

  Xperia Z4 Xperia Z3(参考)
ディスプレー 5.2型液晶 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット 1080×1920ドット
サイズ 約72×146×6.9mm 約72×146×7.3mm
重量 約144g 約152g
CPU Snapdragon 810
2GHz+1.5GHz(オクタコア)
Snapdragon 801
2.5GHz(クアッドコア)
メモリー 3GB 3GB
ストレージ 32GB 32GB
カメラ リア:20.7メガ、イン:5.1メガ リア:20.7メガ、イン:2.1メガ
OS Android 5.0 Android 5.0
バッテリー容量 2930mAh(交換不可) 3100mAh(交換不可)
防水/防塵 ○/○ ○/○
カラバリ White、Black、Copper、Aqua Green White、Black、Copper、Silver Green

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART