このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第402回

富士山麓に猫が鳴く! 雄大な風景の中の猫たち

2015年04月17日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
かろうじて撮れた富士山と猫。背景が雄大でたまりません。逆光で、猫を明るくすると富士山が真っ白に、富士山をきれいに出すと猫が暗くなるという状況だったので、けっこうレタッチしてあります(2015年4月 富士フイルム X-T1)
かろうじて撮れた富士山と猫。背景が雄大でたまりません。逆光で、猫を明るくすると富士山が真っ白に、富士山をきれいに出すと猫が暗くなるという状況だったので、けっこうレタッチしてあります(2015年4月 富士フイルム X-T1)

 山梨県の富士吉田市。富士山の北側、河口湖と山中湖の間くらい、富士登山口として賑わった街だ。

 そこの南東の外れ、レーダードームの近く、山中湖村との境あたりに「木こり」というほうとう屋がある。そこのほうとうが美味しいのであるが、それはさておき、わざわざ富士山麓まで出かけたのは、その店に猫がいるから。

 そのお店のパンフレットに富士山背景の猫写真があり、これは撮りに行かねばなるまいと思ってたのである。

 ほうとうをいただいたあと、お店の人に猫を撮影して掲載していいかと尋ねたら快諾してくれ、お庭に案内してくれた。

 そしたらちょこんと座ってた。

お庭でひなたぼっこしてた「かぼちゃ」さん。お店の人は「木こりさん」と呼んでた。何がなんだかわからないが、このお店は知り合いの知り合いがやってて、そちら筋からの情報ではかぼちゃさんなのだ。後ろにさりげなく溶岩が見えてるのが富士山麓っぽいところ(2015年4月 富士フイルム X-T1)
お庭でひなたぼっこしてた「かぼちゃ」さん。お店の人は「木こりさん」と呼んでた。何がなんだかわからないが、このお店は知り合いの知り合いがやってて、そちら筋からの情報ではかぼちゃさんなのだ。後ろにさりげなく溶岩が見えてるのが富士山麓っぽいところ(2015年4月 富士フイルム X-T1)

 猫の名前は「かぼす」と「かぼちゃ」。親子。どっちも「かぼ」なので紛らわしい。元は野良猫だったそうで、人にまったく馴れてない。いつも世話をしてるお店の人はもちろん大丈夫だけど、知らない人がいくと警戒心満載。

 お店で飼ってるというので人になれてるかなと思ったらちょっと誤算でありました。。

 もう1匹はどこかな、と思ったらひょっこり登場。オレンジ色のカバー(これ、雪かき用か子供のそり遊びようかそんなのかと思う)の中に隠れててそっから出てきたのだ。

手前がかぼちゃ、後ろがかぼす。まだ若い。ひょこっとあらわれた(2015年4月 富士フイルム X-T1)
手前がかぼちゃ、後ろがかぼす。まだ若い。ひょこっとあらわれた(2015年4月 富士フイルム X-T1)

 こちらはかぼすちゃんで、人に全然なれてなくて、カメラを向けたらすぐどっかに逃げ隠れしちゃったのでちゃんと写ってるカットはこれだけ。

(次ページに続く、「さびた階段で気持ちよさそうに寝ている猫発見)」

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】GeForce GTX 1080深夜販売中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART