このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

harman/KardonスピーカーやBlu-ray Discドライブも内蔵

机に置くなら、でかい画面の「dynabook R97/PG」がいい

2015年04月16日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dynabook R97/PG

 パソコンゲームや映画鑑賞を楽しむには大画面を追求したい。しかし、デスクトップパソコンとディスプレーを設置するとスペースがなく不満。それなら17.3型ノートパソコンが最適だ。特徴としては、使用する際には大画面の迫力を堪能できる(単体のディスプレーより近い距離で画面を観るので20型クラスのディスプレーと比べても遜色ない)し、使わないときには片付けてスペースを捻出することもできる。かばんに入れるには厳しいといっても、ノートパソコンなのでベッドや、リビングのテーブルでちょっと気分を変えて使うことも可能だ。

 東芝の17.3型ノート「dynabook R97/PG」は、Core i7-4720HQ(2.6GHz)、Radeon R9 M265X、16GBメモリー(8GB×2)、1TB ハイブリッドHDDを搭載し、ゲームもある程度できる性能を持っている。また、Blu-rayディスクドライブを内蔵し、大画面で高精細な映像を楽しむことも可能だ。今回はdynabook R97/PGの性能や使い勝手を紹介しよう。

迫力ある音でゲームや映画鑑賞を楽しめる

キーボード上部にオーディオブランド「harman/Kardon」製のステレオスピーカーを搭載

 dynabook R97/PGは、キーボード上部にオーディオブランド「harman/Kardon」製のステレオスピーカーを搭載している。実際に音を聴いてみると、キーボード上部にスピーカーがあるため、液晶画面などに反射するのか正面から広がるようなサウンドを楽しむことができた。普通のノートパソコンでこれだけの音質を楽しむのはなかなか難しい。別途スピーカーなどを用意しなければならないだろう。

 また、「DTS Studio Sound」のイコライザーによって、低音やボイス、高音域などのカスタマイズが可能なので、ゲームや映画のジャンルにあった音質を作れる。DTS Studio Soundでは、イヤフォン/ヘッドフォン装着時も音質をカスタマイズできる。家族が寝静まった後など、静かな環境でゲームや映画を楽しみたい場合でも質の高い音を楽しむことができる。

「DTS Studio Sound」でゲームや音楽のジャンルにあった音質をカスタマイズできる

 キーボードは、キーピッチが19mm、キーストロークが1.5mmのフルサイズキーボードを採用している。キーのサイズが大きく文字入力がしやすいので、オンラインゲームなどで素早くチャットしたい時などにもなかなか便利だ。ビジネスユースを考えると、テンキーも搭載しており、数字入力が楽である点もメリットとなる。テンキーの8を押せば上に、2を押せば下に画面がスクロールするので、ウェブブラウジング時など非常にスムーズに画面の移動が可能だ。

前へ 1 2 3 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー