このページの本文へ

車載Wi-Fiルーター「404HW」をドライブのお供で使った

2015年04月15日 17時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クルマの中で電波飛ばしまくり!
ワイモバイルの車載用Wi-Fiルーターが意外と便利!

 ワイモバイルが日本初の車載用Wi-Fiルーターとして発売した「404HW」(ファーウェイ製)。クルマ好きである筆者としては試さないわけにはいかない。これはモバイルルーターのように使えるが、車内限定という面白いアイテムだ。

 サイズは約59.6×49.6×93.2mm、重さ約68g。LTEでは900MHz、1.7GHz、2.1GHzに対応し、Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)、テザリングは最大10台まで接続できる。

 そんなわけで、404HWを筆者のクルマに装着して街中を走り回ってみた。シガーソケットに差し込んで使うのだが、ゴルフのピンをイメージしたというデザインは、残念ながら筆者のクルマ(プジョー 207 GTi)では付け方を工夫しなければいけなかった。また、USB端子がある方向を手前にしないとUSBが差し込めないので、ファーウェイのエンブレムが逆さまになるという残念な事態に。

これが本体。意外と大きいここにSSIDとパスワードが表記されている。差し込むと見えなくなるので、事前に写真を撮っておくこと推奨USBポートからスマホの充電ができるのだが……よく見ると出力は1A。なので、iPadなどの充電はできない
なぜか傾いているシガーソケット奥まで差し込めたが、左側が若干干渉している操作はこれだけ。これで電源が入る。超シンプル

 iPhone 6 Plusと10型タブレットのNEXUS 10を接続してみたが、さすがに都内は快調そのもの。ワイモバイルのSIMを複数持てるシェアプランでの利用が一般的だと思われるので、無尽蔵に使えるわけではないが、Huluなどの動画ストリーミングも止まることなくスムーズに見ることができた(と、同乗者が言っていた)。これならナビアプリを使って遠出するのも恐くはなさそうだ。USBポートから電源を取りつつ、カーWi-Fiで自分のパケットを使うことなくナビアプリを起動させっぱなしにしておける。今回は遠出しなかったので、いずれは往復1000kmぐらいのロングドライブで使ってみたい。

普通に差し込むとUSBポートが使えなくなってしまうので、上下逆にしてみたらいい感じ

 操作はいたって単純で、クルマの電源が使えるときにシガーソケットに差し込んで、ファーウェイマークが入った電源ボタンを押すだけ。これだけで電波が発信される。電源はエンジンと連動して切れるので、切り忘れもない。しかし、エンジンをかけるたびに電源ボタンを押して起動する必要があるのはちょっと面倒だった。

 シガーソケットから電源を取るという性質上仕方ないことなのだが、エンジンを切ってしまうと使えなくなるのも惜しい。例えば、車内で人を待たせて自分が買い物にいく場合、同乗者がネットを使いたいと言ったらアイドリングしっぱなしにしないといけないため、エコや環境問題を考えると後ろめたい気分になる。

404HWが起動すると、ネットワークに表示されるのでパスワードを入力して接続。って、普通のモバイルルーターとなんら変わりません
数回計測して一番良かった数値がこれ。下りはともかく、上りがこれだけ出ているのはなかなか。車内からニコニコ生放送とかできそう

 最近、子供を持つ親は、静かにしてもらうためにタブレットやスマホなどを渡して動画を見せたりゲームで遊ばせたりすることもあるそうだ。たしかに筆者のまわりでもそういう理由でタブレットを買った親が数人いる。クルマの中で子供を飽きさせないために、404HWを利用するのも全然アリだ。都心部なら電波がほとんど入るし、デジタルネイティブな子供たちは喜んでネットをするだろう。さすがに1km以上続くようなトンネルの中では電波が入らないが。

 ミニバンやワンボックスのような大人数が乗れる車でどこかに行くときに404HWは威力を発揮すると思うので、バーベキューとかフェスとかに友達と一緒にクルマで行くようなリア充にはマストバイなアイテムと言えるだろう。1人で使っていると「普通にスマホのLTEでよくね?」と寂しくなってしまった。

 最後に404HWの価格だが、ワイモバイルショップでは一括払いで1万4889円(税抜)とそんなに高価ではない。親回線とのデータ通信容量をわけあえる「シェアプラン」へ加入する必要がある(親回線はスマホプランS/M/Lの契約が必要)。

同乗者が退屈してそうならタブレットを渡して映画でも観ててもらおう。ドライバーは運転に集中しているので、気の利いた会話なんてできないのです

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART