このページの本文へ

デンマーク生まれ

欧州で10万台以上売れたスマートロック「danalock」、国内販売へ

2015年04月13日 14時46分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホのBLE(ブルートゥース・ロウエナジー)技術を利用してドアの鍵を解錠する。

 M2モビリティーは4月13日、デンマークPoly Controlのスマートロック製品「danalock(ダナロック)」の取り扱いを開始すると発表した。販売時期、価格については5月下旬頃にアナウンスするという。

内側からタッチセンサーによる開閉や、手動でも開閉が可能。

 danalockは欧州で10万台以上の販売実績を持つという。スマホのBLE(ブルートゥース・ロウエナジー)技術を利用し、スマホで錠前の開閉を操作する。常に持ち歩くスマホが鍵の代わりとなるため鍵を持ち歩く必要がなく、暗号化されたデジタルキーの発行機能による第三者への一時的な鍵の提供や、ドアに近づくだけで開錠ができる「ハンズフリー」など、スマートフォンならではの様々な付加機能を利用できる。

 既存のドアのサムターン部分だけを本製品に交換するため、外鍵の部分は従来通り利用できる。また、本体中央にあるタッチセンサーによる開閉機能の他、手動でも開閉が可能なため、電池切れや緊急時でも操作が可能。

 内蔵の電池は、通常の使用(毎日10回)で約1年の稼働が可能で、残量が3分の1以下になった場合にはスマートフォンに電池残量の警告が送られる。販売対象は一般のマンション、戸建ての他、リゾートマンション、ホテル、店舗、オフィス、老人擁護施設など幅広い分野が想定されている。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART