このページの本文へ

Microsoft Officeとの互換性が向上

タッチUI搭載! MS Office互換の国産ソフト「JUST Office 3」が6月登場

2015年04月10日 16時35分更新

文● 金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Microsoft Office 2007までのツールバーメニューの互換機能を搭載する、Microsoft Office互換のオフィス統合ソフト「JUST Office」に新バージョンが登場。画面は表計算の「JUST Calc 3」

 ジャストシステムは4月10日、Microsoft Office互換のオフィス統合ソフト「JUST Office 3」を6月10日に発売すると発表した。自社開発のプレゼンテーションアプリケーション「JUST Focus 3」が加わるほか、タッチUIも搭載される。

ワープロ「JUST Note」。一太郎とは異なり、Word互換を確保した製品だ

 JUST Officeは、Microsoft Officeで作成した文書の読み込み、保存に対応したオフィススイートで、一太郎シリーズとは別のラインとなる製品。2011年に「Microsoft Office 2003の知識があれば迷わずに使えるユーザーインターフェースを採用し、これまでの操作感で文書作成が行える」として最初のバージョンが登場した。

 2013年発表の「JUST Office 2」まで、Word互換の「JUST Note」、Excel互換の「JUST Calc」、PowerPoint互換の「JUST Slide」などで構成されていた。JUST Slideは他社製アプリケーションをベースにしており、今回の「JUST Office 3」でJUST Focus 3に置き換え。これにより、主要アプリケーションがジャストシステム製で統一された。

置き換えで加わったプレゼンテーションJUST Focus 3」。PowerPoint 2013のアニメーション効果に対応する

Microsoft Officeとの互換性が向上、タッチUIも

 JUST Focus 3は、JUST Calc 3はマクロ機能を強化しており、ユーザーから提供を受けたファイルで調べたところ、マクロ機能カバー率99.2%を実現したという。

 また、ユーザーインターフェースを使いやすく再設計。マウス操作に便利なインターフェースに加え、タッチパネルでの操作に最適な「タッチレイアウト」を新たに用意する。これのより、タブレットPCからでもスムーズに編集や閲覧が行なえるという。その他、JUST Note 3には、閲覧に便利なモードを搭載しており、社内会議や商談時、文書を提示しながらの説明などに便利だという。

 対応ファイル形式は、以下の通り。

対応する主なファイル形式
読み込み書き込み
JUST Calc 3Microsoft Excel (2013~95)、CSV、TXT、DBF、OpenDocument(ODS)Microsoft Excel (2013~2003)、CSV、TXT、DBF、PDF、OpenDocument(ODS)
JUST Focus 3Microsoft PowerPoint(2013~2003)、OpenDocument(ODP)Microsoft PowerPoint(2013~2003)、PDF、OpenDocument(ODP)
JUST Note 3Microsoft Word(2013~97)、RTF、TXT、OpenDocument(ODT)Microsoft Word (2013~2003)、RTF、TXT、PDF、OpenDocument(ODT)

「一太郎Pro」がセットの製品、警察用バージョンも

 製品は、JUST Calc 3とJUST Focus 3、JUST Note 3を中心とする「JUST Office 3 [Standard]」、日本語ワープロソフト「一太郎Pro」と統合グラフィックソフト「花子Pro」が加わる「JUST Office 3 [Corporate]」を用意。また、JUST Calc 3とJUST Focus 3、JUST Note 3、一太郎Proなどは単体発売も行なう。

 さらに、官公庁・自治体向け日本語ワープロソフト「一太郎Government 8」がセットになった、官公庁・自治体向け オフィス統合ソフト「JUST Government 3」。警察機関向け 統合グラフィックソフト「花子Police 5」がセットになった、警察機関向け オフィス統合ソフト「JUST Police 3」も同時発売だ。

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ