このページの本文へ

「Global Mobility Service」と共同で

富士通、フィリピンの電動三輪タクシーをICTで支援!

2015年04月09日 20時33分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は4月9日、モビリティサービスを提供するベンチャー企業「Global Mobility Service」(GMS)と共に、フィリピン共和国でのICTを活用した電動三輪タクシーの普及に向けて、サービス拡充のための実証を開始したと発表した。

フィリピンの電動三輪タクシー

 GMSはこれまで、遠隔車両制御システムや課金認証システム、盗難抑止システムなど独自のセンシング技術とICT技術を活用した電動三輪タクシーにおいて、2014年9月から2015年1月にかけてフィリピンのマニラ首都圏(メトロ・マニラ)で実証実験を実施。今春から実サービスの運用を予定している。

GMSプラットフォームシステムとSPATIOWL連携イメージ

 今回は、GMSのシステム、富士通の位置情報活用クラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL(フジツウ インテリジェント ソサエティ ソリューション スペーシオウル)」(SPATIOWL)を連携。

 バッテリーの残量と消耗の状況から走行可能距離を導き出す機能や給電スポットまで誘導するサービス、電力消費量の少ないルートを案内するサービスなどを可能とする実証実験を、2015年秋よりマニラ首都圏で行なう。その後、GMSが今春から運用しているサービスにこれらの機能を拡充させ、2016年度中にフィリピンで展開していくという。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通