このページの本文へ

4月中旬から販売開始

新MacBookで使える! Type-C変換ケーブル付属の外付けHDD

2015年04月08日 13時57分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
容量1TBのHDD「Expansion Slim Portable Drive」にUSB Type-C変換ケーブル付属モデルが登場

 エレコムは4月7日、ストレージ製品で世界トップクラスの販売シェアを誇る米シーゲイト・テクノロジー製HDD「Expansion Slim Portable Drive」のUSB Type-C変換ケーブル付属モデルを発表した。4月中旬から販売開始する。

 Expansion Slim Portable Driveは、USB 2.0の10倍以上の高速転送(最大5Gbps:Super Speed ※理論値)を実現するUSB 3.0規格に対応したHDD。ファンレスによる静音化や、テレビの電源オン/オフにあわせてモードを切り替える電源連動機能など、騒音や省エネにも配慮したモデルとなっている。今回リリースされる「SGP-EX010UBK-C」は、従来の容量1TBモデルに、USB Type-C変換ケーブルが付属したもの。

USB Type-C変換ケーブルを装着した状態

 USB Type-Cは、米USB Implementers Forumが新たに策定したUSBの新規格。シンメトリー構造で差込口のウラ・オモテを気にする必要がなく、データ転送や給電、映像出力など様々な役割に対応する。アップルが3月に発表した新MacBookのインターフェースとして採用されるなど、注目が高まっている。

 本体サイズはおよそ幅81.1×奥行き122.3×高さ15.5mm、重量は約170g。価格はオープンで、実売価格は1万円前後。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース