このページの本文へ

auの4G LTEも下り最大225Mbpsのキャリアアグリゲーションを今夏開始

2015年04月06日 18時15分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、同社「4G LTE」ネットワークにおいて、今夏をめどにキャリアアグリゲーション(CA)による下り最大225Mbps対応をスタート。夏スマホで対応モデルを用意すると発表した。

4G LTEとWiMAX 2+、ダブルのキャリアアグリゲーションがau夏スマホの目玉!?

 キャリアアグリゲーションは複数の周波数を束ねて、1つのネットワークとして扱うことで、通信速度を高速化する技術。KDDIはすでに昨夏から他社に先行してサービスを提供してきたが、これまでは下り最大150Mbps止まりだった。

 同社はWiMAX 2+においても、キャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbps対応のネットワークを、スマートフォンで対応することを公表している。「ダブルのCA」による高速データ通信がau夏スマホの目玉となりそうだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART