このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

液晶分離型デスクトップ「LIFEBOOK GH」ロードテスト ― 第3回

本体分離型のタブレットを活用しよう

タブレットで動画エンコード! LIFEBOOK GH77/Tなら出来るんです

2015年04月03日 15時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通の「LIFEBOOK GH77/T」は、タブレットとしても使えるワイヤレスの15.6型フルHD液晶ディスプレーを搭載した新しいスタイルのPCだ。これまでのレビューでは本体の外観やベンチマーク結果を紹介したが、第3回となる本稿ではその活用法について考えてみたい。

本体から液晶ディスプレーを取り外すことでタブレットとしても使える「LIFEBOOK GH77/T」

タブレットで動画の編集&エンコードができる

 CPUにクアッドコアのCore i7-4712HQ(2.3GHz)を搭載する「LIFEBOOK GH77/T」は、負荷の高い作業でもなんなく行なえる。試しに付属ソフトの「Corel Digital Studio for Fujitsu」を使って動画を編集してみたところ、レスポンスは上級者向けのハイエンドノートとほとんど変わらなかった。

プリインストール済みの「Corel Digital Studio for Fujitsu」では、取り込んだ写真や動画から動画ファイルを作成したり、家電プレーヤーで再生可能なブルーレイディスクを作成できる
フルHDのビデオ素材を使った編集作業でも、作業はサクサクと快適だ

 動画のエンコードもなかなか高速だ。前述の「Corel Digital Studio for Fujitsu」を使って1920×1080ドットのMP4ファイル(再生時間27分、ファイルサイズ3.1GB))をブルーレイ向けのBDMV(MPEG2)形式に変換してみたところ、処理にかかった時間は24分57秒だった。

3.1GBで27分のMP4ファイルをBDMV形式に変換するのにかかった時間は24分57秒

ベッドに寝っ転がりながらエンコード

 「LIFEBOOK GH77/T」がスゴイのは、タブレットモードで利用することによってこれらの作業をソファーやベッドに寝っ転がりながらでもできる点だ。通常、動画の編集には据え置き用のノートやデスクトップを使うため、必然的にデスクで作業することになる。だがワイヤレスの液晶ディスプレイを採用した「LIFEBOOK GH77/T」なら、どこでも好きな場所で作業できるのだ。

高性能な大型タブレットとして使える「LIFEBOOK GH77/T」

 またタブレットとして利用している際、ボディがまったく熱くならない点もポイントだ。これはCPUやメモリー、ストレージなど熱を発生させるパーツが、本体側に分離しているため。3Dゲームや高い負荷のかかる作業でも熱を感じないほか、ファンの動作音もまったく気にならないというメリットがある。



富士通 LIFEBOOK GH

(次ページ、「大型タブレットは情報収集にも最適」に続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通 LIFEBOOK QH33
  • 富士通

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通
  • 富士通

New Style PC

  • 富士通 LIFEBOOK GH

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通