このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第175回

PCI-E接続の高速SSD「Intel SSD 750」は730より数倍速い

2015年04月03日 02時30分更新

文● 石井 英男 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルといえば、いわずとしれた世界最大の半導体メーカーであり、CPUでは圧倒的なシェアを誇っている。インテルは、CPUだけでなくNANDフラッシュメモリーの製造でも世界有数の規模であり、自社製NANDフラッシュメモリーを採用したSSDも発売している。

 インテル製SSDは、シリアルSATA対応のコンシューマー向け製品からPCI Express対応のエンタープライズ向け製品まで、幅広いラインナップを誇り、性能や信頼性を重視するパワーユーザーに人気がある。

 今回インテルから発表された最新SSD「Intel SSD 750」は、インターフェースとしてPCI Expressを採用していることが特徴だ。

PCI Express対応の高性能SSD「Intel SSD 750」

 前モデルのIntel SSD 730は、インターフェースがシリアルSATA 6Gbps(SATA 3.0)であったが、最近の高性能SSDは、シーケンシャルリードが500MB/sを超えているため、シリアルSATA 6Gbpsの最大転送速度である600MB/sがボトルネックとなり、これ以上の性能向上が見込めなくなっている。

 今後は、PCI ExpressをベースとしたSATA Expressが主流になっていくと思われるが、Intel SSD 750は、ビデオカードなどのインターフェースとして幅広く使われているPCI Expressに対応することで、シリアルSATA 6Gbps対応SSDを遙かに超える性能を実現していることがウリだ。

 PCI Express対応SSDは他社からも登場しているが、Intel SSD 750は、インテルのクライアント向けSSDとして初めてNVM Express(NVMe)をサポートしていることが特徴だ。

 NVMeは、AHCIの後継となるSSD専用のプロトコルであり、キューに発行できるコマンドの数が32から6万4000に拡張されているなどの強化が行なわれているため、SSDの性能を最大限に発揮することが可能だ。

PCI Express 3.0 x4に対応

 Intel SSD 750は、ハーフハイトハーフレングスのPCI Express拡張カードタイプと、2.5インチ15mm厚の2種類のフォームファクターが用意されている。後者は、SFF-8639と呼ばれるコネクター仕様に対応しており、従来のシリアルATAコネクターとは互換性がない。

 容量は400GBと1.2TBの2モデルが用意されている。今回レビューするのは、PCI Express拡張カードタイプのIntel SSD 750の1.2TBモデルである。

今回はPCI Express拡張カードタイプのIntel SSD 750 1.2TBモデルをレビューしたPCI Express拡張カードタイプのIntel SSD 750の裏面。左側に並んでいるチップがインテル製NANDフラッシュメモリーで、右側にある2つの小さなチップがバッファ用のDRAMである

 PCI Express拡張カードタイプのIntel SSD 750は、PCI Express 3.0 x4に対応している。PCI Express 2.0対応のPCI Expressスロットでも動作はするが、パフォーマンスを最大限に発揮するためには、PCI Express 3.0対応のPCI Expressスロットに装着する必要がある。

 チップセットは、Intel 7シリーズ以降でPCI Express 3.0に対応しているのだが、最新のZ97またはX99での利用が推奨されている。

Intel SSD 750に搭載されているIntel製NANDフラッシュメモリー

1.2TBモデルのシーケンシャルリードは
最大2400MB/s

Intel SSD 750シリーズ スペック表
容量 400GB 1.2TB
最大シーケンシャルリード (128KB) 2200MB/s 2400MB/s
最大シーケンシャルライト (128KB) 900MB/s 1200MB/s
最大ランダムリード (4KB) 43万IOPS 44万IOPS
最大ランダムライト (4KB) 23万IOPS 29万IOPS
シーケンシャルリード時のレイテンシー 20μs 20μs
シーケンシャルライト時のレイテンシー 20μs 20μs
ランダムリード時のレイテンシー 120μs 120μs
ランダムライト時のレイテンシー 45μs 45μs
リード時の平均消費電力 9W 10W
ライト時の平均消費電力 12W 22W
アイドル時の平均消費電力 4W 4W

 まずは、公称スペックを見ていこう。Intel SSD 750は、400GBモデルと1.2TBモデルでは多少性能が異なり、シーケンシャルリード速度は、400GBモデルが最大2200MB/s、1.2TBモデルが最大2400MB/sとなっている。

 シリアルATA 6Gbps対応SSDでは、ハイエンド製品でも540~550MB/s程度であることを考えると、非常に高速なことがわかるだろう。

 シーケンシャルライトは、400GBモデルが最大900MB/s、1.2TBモデルが最大1200MB/sであり、こちらもシーケンシャルリードほどではないが、シリアルATA 6Gbps対応SSDのハイエンド製品と比べて2倍以上高速である。

 また、4KBランダムリード/ライトも、シリアルSATA 6Gbps対応SSDの数倍以上である。

→次のページヘ続く (シーケンシャルリード1400MB/s超を記録

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中