このページの本文へ

熊本県内の交通事業者5社などで利用可能

くまモン、地元熊本で地域ICカードに!-構築はNECが担当

2015年04月01日 16時10分更新

文● 金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
地元熊本で本日サービス開始となった「くまモンのIC CARD」

 NECは4月1日、NECは、本日からサービスが開始された、熊本県内の公共交通機関や商業施設で利用できる「熊本地域振興ICカード(愛称:くまモンのIC CARD)」のシステム構築を行なったことを発表した。

 くまモンのIC CARDは、熊本県内の交通事業者5社、九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バス社の路線バス・鉄道、および一部の高速バスで使える交通乗車券。熊本県内の商店街や商業施設の加盟店では、代金の支払い時に電子マネーとしても利用可能だ。

 交通乗車券としての利用時と商業加盟店での利用時に共通ポイントを付与し、相互に利用し合えるポイントサービスを用意。さらに、清算時に残額が一定額を下回った際のオートチャージの機能も有している。

 独自仕様の地域ICカードの発行により地域主体でのサービスを展開可能とし、地域住民の利便性を向上すると共に、地域経済の活性化・地方創生に貢献するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART