このページの本文へ

18時以降の予定管理や記念日アラートで夫婦の育児を支援

イクメンを育成する「サイボウズ Office 192(イクジ)」発表

2015年04月01日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4月1日、サイボウズは夫婦による育児を支援する新グループウェア「サイボウズ Office 192(イクジ)」(仮称)を発表した。パパママ世代の働き方が多様化する中、夫婦での効率的な情報共有を実現することで、育児を支援する新しいコンセプトの製品となる。

18時以降予定には我が子から「まだ帰らないの?」のアラート

 「パパを育成するグループウェア」をコンセプトに掲げたサイボウズ Office 192は、子育てに積極的に関与するパパ(イクメン)を育成する機能を盛り込んだ新グループウェア。ワーママ支援を打ち出すサイボウズが、夫婦の情報共有を円滑にすべく、これまで培ってきたノウハウや技術を注ぎ込んで開発されたという。

 サイボウズ Office 192では、パパにいち早く帰宅してほしいママのために、独自の予定管理機能を搭載。ママの承認なしに18時以降の予定を登録できない仕様になっているほか、18時以降の予定を登録していない場合、かわいい我が子の声と写真で「パパ、まだ帰らないの?」というアラートが出続けるようになっている。さらに、18時以降の予定が本当に会議なのか、隠れて呑みに行くのかを自動的に判断する「ダウト機能」を搭載。過去の予定登録、メールのやりとり、人間ドックのGOT/GPT値などのビッグデータから、独自のアルゴリズムで呑み会かどうかを判断できるという。

18時以降の予定が登録されていない場合、我が子から「パパ、まだ帰らないの」アラートが上がる

 また、専用の「育児家事タスク管理アプリ」により、育児や家事の分担状況をグラフ化。決められたノルマの達成状況をチェックできる。過去の分担動向を独自アルゴリズムで分析することで、パパの得意分野を洗い出すことも可能。夫婦で毎週チェックすることで、得意分野を掘り起こし、PDCAを回せるようになっている。

 その他、ログイン時にママや子供に関するクイズを設けられるほか、インフルエンザなどの病気が流行っている地域をリアルタイム表示し安全にお迎えできるようにする「パンデミックマップ」などの機能も用意される。

パパを育児に向かわせるユニークな機能を満載

 こうしたパパの管理や情報共有機能のみなならず、イクメンを自認するパパのモチベーションを醸成する機能も数多く搭載。ログインユーザーのイクメン度を独自アルゴリズムで判別する「イクメン診断」機能、グループウェアを使っている間のパパの仕事ぶりをライブ動画で配信する機能も用意されている。

パパの仕事ぶりをライブ動画で配信することで、カッコイイ仕事ぶりを家族にアピールできる

 また、子供の誕生日やママの誕生日、結婚記念日など、ついつい忘れがちな記念日を事前に通知するアラート機能も用意される。1ヶ月前、2週間前、3日前など細かいリマインドを設定できるほか、記念日当日はスマートフォンへのプッシュ通知も可能。過去の購買履歴からママや子供への最適なプレゼントをリコメンドする「プレゼント選び支援機能」も搭載しており、記念日を忘れがちなパパに対する不満を解消することができるという。

 β版テストのフィードバックとしては、「ぱぱと過ごせるじかんがふえました。ままもさいきんごきげんがいいみたいです」(にしばたこあ君 5歳)や「育児や家事の分担が明確になってとても助かっています」(まえだあさこさん 29歳)、「イクメンを目指す僕にはぴったりのグループウェア」(わだだけおみさん 30歳)などの声も挙がっており、評判も上々のようだ。同社の情報サイト「サイボウズ式」には実際のユーザー事例も掲出されている。

お子さんからのフィードバックも上々!

 価格は1億9200万円(ユーザー数無制限)だが、導入効果は「プライスレス」とのこと。今後も育児に対するパパの関心を高めつつ、夫婦共同での育児を促進する機能を数多く盛り込んでいくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ