このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 ― 最終回

500円とは思えない充実な機能

音楽アプリの定番、プロが見る「GarageBand」の圧倒的な良さとは

2015年03月28日 12時00分更新

文● 藤村亮

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 およそ1年10ヵ月に渡って、プロが現場で使えるハイクオリティーなものから、カフェでの会話の小ネタになりそうなユニークなものまで、様々な音楽アプリを紹介してきた当「音楽アプリ部」も最終回となります。今回は初心に戻って、iPadの音楽アプリの基本中の基本とも言える「GarageBand」に触ってみました。

 キーボードやドラムの打ち込みから、ギターや歌の録音までとにかく音楽制作に関する機能が「ぜんぶのせ」。私フジムラのようなギタリストであり、キーボーディストであり、シンガーであり、ソングライターであり……というマルチプレイヤーにとっては、いじればいじるほどおもしろいアプリなのです。

 ここでは、私フジムラが特に気に入った部分をピックアップして紹介して行きたいと思います。

ハズレのない定番をおさえたギターアンプ

 最初はギタリストなら何をおいても気になるはずの「Guitar Amp」から。

 アンプのタイプは「Clean」「Crunchy」「Distorted」「Processed」の4つのサウンドコンセプトごとにそれぞれ8種類ずつ用意されており、全部で32パターンのプリセットが選択可能です。画面中央上部のアンプ名をタップすると、プリセットのメニューが開きます。

アンプのヘッド部分がポツンと浮かぶシンプルな画面。各アンプの外装デザインの再現度はなかなか雰囲気が出ていますマニアなら思わずニヤリとしてしまうネーミングが秀逸です

 モデリングされているアンプはあくまで見た目とサウンドでの判断ですが、「Fender Reverb」や「Tweed Bassman」「TwinReverb」「Vox AC30」「Marshall JCM800」などといったところでしょうか。ハズレのない定番をきっちり押さえた手堅いラインナップです。

 なお、アンプのコントロールはどのアンプモデルも共通で、歪みの深さを決める「GAIN」に、「BASS」「MIDDLE」「TREBLE」の3バンドイコライザー、TREBLEよりも高い周波数をコントロールしてサウンドの輪郭を調整する「PRESENCE」、アンプのマスターボリュームである「MASTER」、最終的な音量出力を決定する「OUTPUT」があります。

 アンプ内蔵のリバーブを再現した「REVERB」、同じくアンプ内蔵のトレモロを再現するTREMOLOの「DEPTH」「SPEED」も全モデルに搭載されています。実機ではトレモロやリバーブが内蔵されていないモデルでも、それぞれのエフェクトは機能するので、実機では味わえない独特なニュアンスが生まれるのはなかなか面白いところです。

 画面中段右端の音叉のアイコンをタップすると、チューナー画面に入れます。半音下げモードなどの特別な機能はないシンプルなクロマチックチューナーです。

チューニングが合うと画面中央の文字が青く光り、ズレていると赤くメーターに表示されます

(次ページでは、「アンプの音をチェック」

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART