このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第398回

意外と撮るのが難しい!? 春眠している猫たち

2015年03月20日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
遊び疲れたのか、初対面の客がいるにも関わらずベッドで丸くなって昼寝をはじめたロイヤル(2015年3月 オリンパス OM-D E-M1)
遊び疲れたのか、初対面の客がいるにも関わらずベッドで丸くなって昼寝をはじめたロイヤル(2015年3月 オリンパス OM-D E-M1)

 眠くなると、ああ春だなあと思いますな。

 もちろん眠くなるのは人間だけじゃないのである。猫も春になると昼寝が増えるのだ。

 いや、実際に測ったり調べたりしたわけじゃないので、単に「こっちが眠いときほど猫が寝てる姿が目についてくやしい」というだけのような気がするんだけど、目の前で優雅に昼寝されたら、ああ自分もちょっとだけ居眠りしたいと思うもの。

 でも、昼寝猫を撮るのって簡単そうで難しい。

 なぜなら、猫は始終寝ている代わりに眠りはすごく浅いから。すぐに眠れる分、すぐに起きられるので、ちょっとした人の気配でさっと起きちゃうのだ。猫おそるべし。さすが獣である。

 よって、寝てる猫を見つけたら遠くからそっと望遠で撮るべし。気配を感じさせないよう、殺気は隠すこと。

 ちょっと遠くで寝てるネコを見つけたので、起こさないよう、そーっと撮りやすい場所に移動し、そーっと300mm相当の望遠レンズを装着して撮ったのがこちら。

 うち捨てられた(ように見えるけど、ナンバープレートはしっかりついてた)車の上で気持ちよさそうに寝てた三毛系の猫。角にアゴを乗せてる姿がたまらん。うちの猫もこうしてアゴを乗せるのが好きなのだけど、あれ、なんなんだろうね。

とある川原で見つけた寝てる猫。あと1歩近づいたら、その気配で起きちゃいました。さすが敏感(2014年12月 オリンパス OM-D E-M1)
とある川原で見つけた寝てる猫。あと1歩近づいたら、その気配で起きちゃいました。さすが敏感(2014年12月 オリンパス OM-D E-M1)

 そういえば、猫って車の上が好きだよね、ってことでこちらも車の上お昼寝猫。

 2匹が並んで寝ていたのだけど、ほんのわずかな距離の差が明暗を分けた。

 このおうちの前を歩いてたらすぐそこ、カバーをかけられた車の上に猫を発見。

 お、と立ち止まったら、手前の猫はその気配を感じて起きちゃった。

 奥の猫はほんの数10cm奥にいるだけなのに、くーっと気持ちよく寝てる。起きる気配なし。

暖かい冬の日、ちょうど日が差してる位置に2匹がお昼寝してましたの図。でも手前のは起きちゃいました。残念(2015年2月 オリンパス Stylus 1s)
暖かい冬の日、ちょうど日が差してる位置に2匹がお昼寝してましたの図。でも手前のは起きちゃいました。残念(2015年2月 オリンパス Stylus 1s)

 チャトラが見つめられてるのに気づいてむくっと起き上がったとき、やっと「え?なになに?」って顔をして起きた次第。

(次ページに続く、「丸くなって寝ている「ニャンモナイト」な猫)」

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART