このページの本文へ

BlackmagicDesign「Intensity Pro 4K」

4K対応キャプチャーカード「Intensity Pro 4K」が発売開始

2015年03月10日 23時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BlackmagicDesignから、4K(3840×2160ドット)やFull HD(1920×1080ドット)60fpsの非圧縮キャプチャーに対応したカード「Intensity Pro 4K」が登場、TSUKUMO eX.で販売中だ。

4K Ultra HD(3840×2160ドット)やFull HD(1920×1080ドット)60fpsの非圧縮キャプチャーに対応したカード「Intensity Pro 4K」

 「Intensity Pro 4K」は、従来モデル「Intensity Pro」の機能がすべて搭載されているほか、4K(3840×2160ドット)やFull HD(1920×1080ドット)60fpsの非圧縮キャプチャーに対応。

 4Kを30fpsで、あるいはFull HDを60fpsでキャプチャー可能で、映像はフル10bit品質でキャプチャーでき、ファイルはProResや非圧縮で保存可能だ。また、アナログYUV、Sビデオ、NTSC/PALインターフェースで旧型のアナログテレビやビデオプレーヤーにも接続できる。

 インターフェースはPCI Express(2.0) x4で、ブラケット部はHDMIの入出力のほか、専用のブレイクアウト端子を搭載。Analog Video In/Out、Audio In/Out SPDIFを備えている。なお、対応Ultra HDフォーマットは2160p23.98、2160p24、2160p25、2160p29.97、2160p30。

 付属のソフトウェアとして、DaVinci Resolve LiteおよびMedia Expressが同梱されているため、プロ仕様の編集、グレーディング、メディア管理が行えるとしている。

 価格は2万4980円だ。

高解像度の非圧縮録画を行う場合、非常に高速なストレージ書き込み性能が要求される。HDDをRAID構成にしたりSSDを用意するなど、事前の準備はしっかりと行なっておこう

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中