このページの本文へ

キーボードドックが付属する「dynabook R82」も発売

Core M搭載、約699gの12.5型法人向けWinタブ「dynabook RT82」

2015年03月09日 14時51分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
およそ699gの12.5型Windowsタブレット「dynabook RT82」

 東芝は3月9日、世界最軽量をうたうおよそ699gの12.5型Windowsタブレット「dynabook RT82」を、法人向けに3月13日より販売開始すると発表した。

 dynabook RT82は、低消費電力が特徴のCore Mプロセッサーを採用し、およそ10時間の連続駆動が可能だ。オプションのセカンドバッテリー内蔵キーボードドック「PAAPRO23」を使用すれば、およそ20時間駆動できる。ノートアプリ「TruNote」カメラアプリ「TruCapture」、ボイスレコーダーの代わりに使える「TruRecorder」を標準搭載している。

 CPUはCore M-5Y71 vPro(1.2GHz)、Core M-5Y51(1.1GHz)、Core M-5Y31(900MHz)から選択可能で、メモリーは4GB(Core M-5Y71搭載モデルのみ8GBも選択可能)、ストレージは128GB/256GB SSDという構成だ。ディスプレーは12.5型で、輝度やコントラストが高い「Clear SuperView」を採用するタイプと、電磁誘導方式のデジタイザー(オプション)を使用してペンタブレットとしても利用できるタイプを用意。解像度は共通で1920×1080ドット。

 OSはWindows 8.1 Proもしくはダウングレード権行使のWindows 7 Professional(SP1)を選べる。通信規格は、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応する。インターフェースはmicroUSB 2.0端子×1、microHDMI端子×1、マイク入力/ヘッドフォン出力端子×1、SDカードスロット。価格は22万6800円から。

キーボードドックが付属するデタッチャブルノートパソコン「dynabook R82」

 また、キーボードドックが付属するデタッチャブルノートパソコン「dynabook R82」も3月13日に発売する。こちらの価格は27万5400円から。

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー