このページの本文へ

Cooler Master「Sirus-C」

PCとゲーム機で同時接続/切り替え可能なヘッドセット

2015年03月07日 23時02分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cooler Masterから、PS4でも使えるHi-Fiアンプ内蔵ゲーミングヘッドセット「Sirus-C」(型番:SGH-4650-KC3D2)が発売された。

Hi-Fiアンプ内蔵ゲーミングヘッドセット「Sirus-C」(型番:SGH-4650-KC3D2)がCooler Masterから発売

 「Sirus-C」は、PCとコンシューマーゲーム機のどちらにも使えるHi-Fiアンプ内蔵の2.2chゲーミングヘッドセット。両方に接続したまま、付属のコントローラーで接続先をワンタッチで切り替えできる。

 密閉ダイナミック型の本体は、ドライバーユニットは、メインに44mm口径、サブウーファーに40mm口径を採用するデュアルドライバー構成。イヤーカップには通気性に優れ、疲れにくいメッシュ構造の生地を採用するほか、未使用時に折りたためるマイクは、ノイズキャンセリング機能により、周囲の効果音などを気にすることなく音声通話を利用できる。

密閉ダイナミック型の本体は、ドライバーユニットは、メインに44mm口径、サブウーファーに40mm口径を採用するデュアルドライバー構成
PCとコンシューマーゲーム機の両方に接続したまま、付属のコントローラーで接続先をワンタッチで切り替えできる

 そのほか、サイズは215.1(W)×254.6(D)×87(H)mm、重量600g。接続インターフェースは、USB、ステレオミニプラグ、RCA端子。

 価格は1万5962円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店で販売中だ。

PCもコンシューマーゲーム機も、これ1台さえあれば同時利用できるので便利だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中