このページの本文へ

ASUS「RP-AC52」

オーディオレシーバー機能ある無線LAN中継器がASUSから

2015年03月05日 23時36分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、無線LANオーディオレシーバー機能を搭載するIEEE802.11ac/n/a/g/b対応無線LAN中継器「RP-AC52」が発売された。

無線LANオーディオレシーバー機能を搭載するIEEE802.11ac/n/a/g/b対応無線LAN中継器「RP-AC52」がASUSから発売

 「RP-AC52」は、無線LANの電波が届かない場合などに電波を中継することで到達距離を伸ばせる無線LAN中継器。例えば、家の1階に無線LANの親機を置いて2階のすべての部屋に電波が届かない場合などに、本製品を2階の階段のすぐ近くなどに設置し、そこから電波を中継することで2階全体で電波を受信できるようにする。

 また、オーディオ出力を行なえる3.5mmミニジャックを搭載しており、無線LANオーディオレシーバーとして使用できるのも特徴。アンプ内蔵スピーカーを接続しておけば、スマートフォンからワイヤレスで音楽再生を行なえる。

 なお、対応する音楽ファイル形式は、FLAC、AAC、WAV、MP3の4種類で、FLAC、AAC、WAVは96kHz/24bitまで、MP3は44.1kHz/16bitまで。そのほか、ウェブブラウザーからアクセスする、インターネットラジオ機能も備えている。

無線LANの電波が届かない場合などに電波を中継することで到達距離を伸ばすことができる無線LAN中継器。コンセントに差して使用する

 サイズは54(W)×31(D)×85(H)mm、重量は90g。インターフェースは有線LAN(RJ45)×1、3.5mmオーディオジャック×1を備え、本体下部にはタッチでON/OFF可能なLEDライトも搭載する。

 価格はツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で6976円、ドスパラ パーツ館で6980円だ。

アンプ内蔵スピーカーを接続しておけば、スマートフォンからワイヤレスで音楽再生を行なうことも。インターネットラジオ機能も備えている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中