このページの本文へ

無料でほぼ全機能が使える「Unity 5 Personal Edition」を提供

個人向けは無料に!最新ゲームエンジン「Unity 5」公開

2015年03月04日 16時30分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ゲーム統合開発環境「Unity」の最新バージョンであるUnity 5の正式版を公開。無料でほぼ全機能が使える「Unity 5 Personal Edition」を提供。

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは3月5日、ゲーム統合開発環境「Unity」の最新バージョンであるUnity 5の正式版を公開した。

 Unity 5は、ゲームビジネスを支援するサービスや機能が付属する有料の「Unity 5 Professional Edition」と、無料でほぼ全機能が使える「Unity 5 Personal Edition」の2つのライセンスモデルを展開する。

 Personal Editionは、Unity Freeとして提供されてきたバージョンに、従来のPro向け専用機能の大部分を加えた無料版。直前会計年度の総収益もしくは総予算が10万ドル以下の個人もしくは小規模チームで利用できる。

 Professional Editionは、本バージョンより、従来別提供だったキャッシュサーバとバージョン管理ツールを含む「Team License」を標準で搭載する。現在16万2000円だが、円安のため5月1日より19万4400円となる。毎月75ドルのサブスクリプション版も用意されている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社