このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第188回

レタッチも飲み会調整も全部無料! 知る人ぞ知る便利なウェブサービスを活用する技

2015年03月04日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RSS非対応のウェブサイトをチェックする
「サイトアラート」

 ブログやニュースサイトはRSSを利用することで、新着情報をチェックできるが、企業のウェブサイトやアーティストの公式サイトなどは対応していないことが多い。とは言え、お得な情報をいち早く掴みたいこともある。そんな時は、「サイトアラート」を利用しよう。RSSに対応していないサイトでも、変更を検出してメールで知らせてくれるサービスだ。

 SNSアカウントで利用でき、監視するウェブサイトは500個まで登録できる。チェックは時間を指定するほか、一定間隔でも行える。メールのテンプレートもカスタマイズできる。手動で巡回するよりもずっと効率的にチェックできるのでお勧めだ。

「サイトアラート」にアクセスし、「無料のユーザー登録」をクリック。TwitterやFacebookなどのSNSアカウントで利用できる
利用するメールアドレスを確認する「サイトを追加する」をクリックする
更新をチェックする部分を指定する。全体を監視することも可能だ更新するタイミングを指定する変更があると通知が来る。変更を開くと、どの部分が変更されたのかがわかる。元サイトへのリンクも用意されている

海外のニュースを日本語でチェックする
「ConyacTimes」

 情報収集する際、いろいろなサイトをチェックしても、国内のニュースだとどうしても似たり寄ったりの内容になりがち。とは言え、海外のニュースサイトをチェックするのには手間がかかる。そんな時は、「ConyacTimes」をチェックしよう。翻訳サービスのConyacが手掛ける海外情報サイトで、世界中の情報を日本語で読めるのだ。機械翻訳ではなく、クラウド翻訳サービス「Conyac」を利用しているので、きちんとした文章になっているのですらすら読める。日本のニュースサイトだけでは物足りない人は要チェックのサービスだ。

約100か国、4万5000人の翻訳者が登録している翻訳サービス「Conyac」が運営している
「ConyacTimes」の「ReShare」で海外ニュースをチェックできる普通のニュースとして読める。翻訳言語は任意に変更できる

 これまで、日程調整をメールや電話でしていたり、フォトレタッチソフトを駆使して料理の写真を編集したり、ウェブサイトをブックマークして更新チェックしたりしていた人も、今回紹介したウェブサービスを利用すれば、ずっと効率的になる。ぜひ活用して、時間を節約して欲しい。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン