このページの本文へ

ハートをひねって通話するPHS「Heart」が編集部にキタ!

2015年03月02日 12時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

想いよ届け! アナタのハートを直撃!
発売前から伝説になりそうな「Heart 401AB」をフォトレポ

 ワイモバイルが1月に発表して、大きな話題を集めたハート型変形PHS「Heart 401AB」。カワイイデザインを優先して企画された音声通話端末だ。発売は3月下旬を予定しているが、すでに伝説となりそうなちょっと変わった端末である。

 商品開発はあのエイビット。フリスクサイズのPHS「ストラップフォン」や、モバイルできる家電話「イエデンワ」といった変態……いや、超個性的な端末をリリースしているメーカーである。

 このHeart、普段はハート型の小物入れのようだが、いざ電話というときにはマッサージ機のようなストレート型に変形する。しかも、操作はハードキーだけでなくタッチが中心という、近年稀に見る個性っぷり。

 本体サイズはハート時が約68×68×26mm、ストレート時が約43×93×26mmで、重さは約54g。価格は実質価格で1万2600円(350円×36回、税抜)とのこと。通話のみでメールやSMSにも対応しないという割り切り仕様だが、かなり安価だと言える。

 発売前の開発機だが、今回端末を借りることができたので、フォトレポをお届けする。詳細なレビューはのちほど掲載予定だ。

どこからどう見ても携帯電話には見えないひっくり返すと桃の形にも見える
グリっと180度ひねると……マッサージ機のようなストレート型になり、通話ができる。通話を終了するときはハート型に戻す
この丸いポッチが電源キー。ひねらないと電源のオンオフができないこれはスマホでいうところのスリープ解除ボタン。ハードキーはこの2種類しかない
ストラップホールも完備。すぐ下はmicroUSB端子のカバーだが、防水対応ではないディスプレーには必要最低限の情報のみ! 電話帳や発着信履歴など携帯電話に必要な情報を表示する
着信音のスピーカータッチパネルはこの部分! ハート型にしている間は無効となる。タップ、ダブルタップ、上下左右のスワイプが可能。電話番号の入力はかなり手間だった
カラバリはパールレッドとパールブラックの2色
ハート型のケータイを取り出して颯爽と電話をかけたら、あの子のハートもゲットできる! ※ただしイケ(以下略)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART