このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

シャープ新世代ケータイ、日フォン「AQUOS K SHF31」を知れ! ― 第4回

日フォン「AQUOS K」はウェブもカメラも超快適な新世代ケータイだ!

2015年03月05日 11時00分更新

文● ドロイドさん/アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シャープの新世代ケータイ「AQUOS K SHF31」をアスキースマホ総研のドロイドさんが見ていきます!

 アスキースマホ総研のドロイドです! 以前はスマホとケータイの2台持ちだったのに、最近はスマホ1台になった私が、シャープの新世代ケータイ、“日フォン”(にふぉん)こと「AQUOS K SHF31」(以下、「AQUOS K」)の魅力と使い方の提案についていろいろ考えていきます!

操作性や使い勝手はケータイそのものなのに
なんだかスゴく快適に動作するぞ!

 まずあらためて、日フォン「AQUOS K」を使っての感想は、一言でシンプルかつスタンダードなケータイというもの。外観デザインは慣れ親しんだ折りたたみ型なので、数年前にスマホに移行した筆者でも使い方をすぐに思い出せた。

従来型ケータイはここしばらく使っていないドロイドさんだが、やっぱり通話するならコレだよ! とのこと

 しかし日フォン「AQUOS K」には、これまでのケータイとは非常に大きな違いがある! 通常のメニュー操作にしても、ウェブに表示しても、とにかく快適に気持ちよくサクサクと動作するのだ。

日フォン「AQUOS K」の外観デザインは、慣れ親しんだケータイそのもの。サクサク動作することがこれまでのケータイとは大きく違う
1410mAhというケータイとしては大容量のバッテリーを搭載。交換可能なのもうれしい点。ストラップホールもしっかり用意されている

 私も数年前までは従来型ケータイのヘビーユーザーで、ケータイならではの、電話/メールといった基本機能における使い勝手は大いに認めるところ。しかし、ウェブ閲覧では正直スマホとの差は大きい。

 たとえば検索エンジンから、ひとたびケータイ向けではないウェブサイトにアクセスすると、その性能の限界を実感させられる。この点がスマホに移行した決定的な理由でもある。

ケータイユーザーなら、慣れ親しんだデザインのメインメニューにうれしくなるはずウェブ閲覧時の快適さが、日フォン「AQUOS K」の一番の魅力だ

 また対応ネットワークについても基本的に3G止まりで、ウェブの表示にも、ファイルのダウンロードにも時間がかかる。そのため従来型ケータイでは、いわゆるケータイ世界の中でサービスやコンテンツを楽しむものというものになりがち。

 その点、日フォン「AQUOS K」は、現代のAndroidスマホの高性能なプラットフォーム、たとえばクアッドコアCPUのSnapdragon 400を用いることで、ケータイの操作性のまま最新スマホに並ぶ性能を実現している。ケータイの基本機能がケータイ以上にサクサク動き、ウェブを見た場合は、スマホと同等の快適さ。これぞまさしくケータイとスマホのイイトコ取り、新世代ケータイなのだ。

 最初に「Androidベースのケータイが出る」という話を聞いたとき、「それってスマホ? ケータイ? ASCII.jpの記事内でどう扱えばいいのかな?」と少々悩んだりもした。しかし、こうやって日フォン「AQUOS K」の実機をテストした今では「これまでの端末とは比較にならないくらい、“とにかく快適”に動作する新世代ケータイ」と考えるのが自然と思っている。ケータイをヘビーに使い続けているユーザーなら、なおさら日フォン「AQUOS K」の快適さを実感できるはずだ。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART