このページの本文へ

Win8.1とAndroidが使えて1万円台! デュアルブートな7型タブ

2015年02月21日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 WindowsとAndroidのデュアルブートに対応したタブレットに、初の7型モデルが登場。中国Cubeの「iwork7 DualOS」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。価格は1万6800円と格安だ。

アキバで近頃見かけるようになった、WindowsとAndroidのデュアルブートに対応したタブレット。これまでよりぐっとコンパクトになった7型モデルが新たに発売された

 年末年始にかけてアキバ店頭に初登場した、Windows 8.1 with BingとAndroid 4.4の両方を搭載するデュアルブート対応タブレットの新モデル。これまでは9.7型と8型モデルが相次いで発売されたが、今回入荷したのは初となる7型モデルだ。

 OSは電源投入時のブートローダーのほか、それぞれにインストールされた専用アプリによるスイッチにも対応。OSの切り替えは従来モデルよりも格段に楽になった。

OS選択はブートローダーを使用した従来の方法のほか、OS上からもスイッチアプリで切り替え可能だ
片手持ちも容易なスリムデザインで、格安モデルでも安っぽさはなし。ひと通りのインターフェースも揃っている

 主なスペックは、ディスプレー解像度が1280×800ドット、プロセッサーはクアッドコア動作のIntel Atom Z3735F(最大1.83GHz)、メモリー2GB、ストレージ32GBなど。ネットワークはBluetoothと無線LAN、インターフェースはmicroUSB、microSD、microHDMIなどを備える。

 なお、搭載OSはマルチランゲージ対応の中文版で、日本語使用の場合は言語パックのダウンロードが必要。Windowsには海外ライセンスの「Office 365 Personal」も標準で付属(要登録&ダウンロード)するものの、「OSの言語変更やOfficeソフトについては保証対象外」(ショップ)となるため注意しよう。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART