このページの本文へ

妥協なきモンスターPC、新生「VAIO Z」を探れ! ― 第5回

有識者がVAIO発表についてコメント

「薄くて高性能なだけじゃない何かがある感じ」――荻窪圭氏

2015年02月17日 20時00分更新

文● 荻窪圭 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年2月16日に新「VAIO Z」(VJZ13A1)が発表された。今回の発表に関して、Macとデジタルカメラに詳しいフリーライターの荻窪圭氏にコメントをいただいたのでご紹介する。

やばいじゃん。使ってみたいかも

 わたしにコメントを求めるってことは写真を扱うMacユーザーからの意見を聞きたいのだろうな、ということにして、改めて見てみると、これ、MacBook Airの大きさ・重さで、MacBook ProのRetinaディスプレイを搭載した上にペンでも使えるマシンじゃん、と。

 やばいじゃん。このモニタなら安心して写真を扱えそうだし、モニタをフリップしてペンを取り出せばディテールの細かなレタッチもできるし、これにLightroomとPhotoshopを入れれば外ででも家でソファに座ってでも写真いじれるじゃん。写真つっこんでプレゼンに使えるじゃん。

 いいプロダクトって「こういう人がこう使ったら力を発揮しそう」が見えてくる、あるいは作り手のメッセージが感じられるものであって、それがないと買う気にならないのだけど、VAIO Zにはそれがありそうだなあと。薄くて高性能なだけじゃない何かがある感じ。

 だからといって自分で買うかといわれると微妙ではあるんだが(その手の作業はMacにやらせてるので)、使ってみたいかも。


荻窪 圭(おぎくぼ けい)

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


(VAIO Zについての情報まとめはこちら)

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン