このページの本文へ

新「VAIO Z」発表! i7-5557U、最大約15.5時間駆動、2560×1440表示対応

2015年02月16日 15時00分更新

文● ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは、第5世代Intel Coreプロセッサー(Broadwell-U)を搭載する新「VAIO Z」(VJZ13A1)を発表した。店頭想定価格は約19万円から(税別)。2月16日15時より受注を開始する。3月受注開始予定の「BEAMS特別仕様モデル」も合わせて発表された。

新「VAIO Z」(VJZ13A1、ブラック)。液晶ディスプレーのsRGBカバー率は100%、面積比は115%。筆圧検知デジタイザーペン付属
天板および底面、キーボード
シルバー
「BEAMS特別仕様モデル」

 新「VAIO Z」では、Broadwell-Uのうち、TDP(熱設計電力)28WのIntel Core i7-5557U(3.1GHz)、Core i5-5257U(2.7GHz)を採用。i5-5257U搭載モデルでも、一般的なCore i7搭載ノートのパフォーマンスを超えるとしている。

 さらにクラムシェルモードでは、Configurable TDP機能の活用により、搭載プロセッサーを通常電圧版CPU並みの35W設定に引き上げて利用可能(15Wのサイレントモードも選択可)。タブレットモードの場合も、パフォーマンスモード時28W、サイレントモード時10Wとやはり高いパフォーマンスを追求している。

フリップ機構にて変形可能

 CPU内蔵GPU「Intel Iris Graphics 6100」のExecution Unit(EU、GPUコアの実行ユニット)数は、TPD 15W版Broadwell-U内蔵「Intel HD Graphics 5500」の2倍にあたる48基となっており、ディスクリートGPU(外付けGPU)に迫る能力を発揮するという。

 ストレージは、PCIeインターフェイス接続の第2世代High speed SSDを採用している。InstantGoテクノロジーによる0.3秒のスタンバイ復帰が可能で、スタンバイ時のバッテリーライフは約17.9日間としている。

右側面
左側面
「安曇野FINISH」を示すロゴも

高密度実装技術と熱冷却設計技術で実現した
メインユニット「Z ENGINE」

 新「VAIO Z」では、高密度実装技術と熱冷却設計技術の結晶となるメインユニット「Z ENGINE」を搭載。部品間ギャップ、配線間長を詰め可能な限り小さなメインボードを実現しており、基板面積は、VAIO Fit 13Aのメインボード(15280mm2)に対して、約2/3(10034mm2)となった。

VAIO Zの基板面積(写真上)は、VAIO Fit 13A(写真下)のメインボード(15280mm2)に対して、約2/3(10034mm2)となった。

 TDP 35Wを実現する熱冷却機構として、冷却ファンおよびヒートパイプも新開発を行っている。日本電産とVAIOの共同開発により、HDDなどに使われる流体動圧軸受技術を用いた超薄型・高効率・高信頼性ファンを新規開発。羽の枚数が違う2基のファンを搭載することで、動作ノイズを抑えている。さらに、フジクラとの共同開発による、独自内部構造を用いた、高い熱運搬能力を備える超薄型高効率ヒートパイプを採用している。

「Z ENGINE」。日本電産とVAIOの共同開発による超薄型・高効率・高信頼性ファン、フジクラとの共同開発による超薄型高効率ヒートパイプを採用
主なスペック
製品名 VAIO Z
型名 VJZ13A1
店頭想定価格(税別) 約19万円から
CPU 第5世代Intel Core i7-5557U(3.1GHz)、第5世代Intel Core i5-5257U(2.7GHz)
チップセット
メインメモリー(最大) 8GB(16GB)
ディスプレー(最大解像度) 13.3型ワイド 液晶(2560×1440ドット)、静電式タッチパネル
グラフィックス機能 Intel Iris Graphics 6100(CPU内蔵)
ストレージ 約128/256/512GB SSD(PCI Express ×4接続)
光学式ドライブ
LAN機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
インターフェース HDMI端子(4096×2160対応)、USB 3.0端子×2、Bluetooth 4.0
カードスロット SD/SDHC/SDXC
カメラ フロント:"Exmor R for PC" CMOS センサー搭載HDウェブカメラ(92万画素)、リア:"Exmor RS for PC" CMOS センサー搭載8Mカメラ(799万画素)
センサー 加速度、ジャイロ、地磁気
テレビ機能
サウンド機能 内蔵ステレオスピーカー、内蔵デュアルマイク、ヘッドホン・ラインアウト端子
本体サイズ 約幅324.2×奥行き215.3×高さ15.0〜16.8mm
重量 約1.34kg
バッテリー駆動時間 約15.2時間〜約15.5時間(JEITA 2.0)
OS Windows 8.1 Update(64bit)/8.1 Pro Update(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART