このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

4GB×2のメモリーとCore i5-4590Tをカスタマイズしても10万円台とお得

自作派注目のGTX 960搭載で、10万円とリーズナブルなiiyama PC「GS5150-i5-RMB」

2015年02月05日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年1月22日に、NVIDIAのミドルレンジ向け新GPU「GeForce GTX 960」が発表された。ASCII.jpの読者なら、すでにチェックしていることだろう。GeForce GTX 960の最大の特徴は、消費電力が120Wと省電力性能に優れている点だ。旧世代のミドルレンジGPUであるGeForce GTX 760と比較すると、50Wも減っている。それでいて性能についてはGeForce GTX 760よりも高く、ワットパフォーマンスの高いGPUとして、自作派を中心に注目を集めているのだ。

試用機に搭載されていたMSI製のGeForce GTX 960搭載グラフィックボード

 グラフィックボードの価格についても、GeForce GTX 760搭載モデルよりGeForce GTX 960搭載モデルのほうがやや安いかほぼ変わらない程度になっている。さらにGeForce GTX 960では、セミファンレス仕様のクーラーを採用することで低負荷時の動作音を大幅に減らすことが可能。動作音が大きいとゲームに集中できないこともあるため、静音性が高いのはうれしいところだ。

 このように低消費電力で高パフォーマンスなGeForce GTX 960は、いま一番クールなGPUだ。今後ますます人気が高まることは間違いない。

主要GPUのスペックの違い
GTX 960 GTX 760 GTX 970 GTX 980
アーキテクチャ Maxwell Kepler Maxwell Maxwell
開発コードネーム GM206 GK104 GM204 GM204
CUDAコア 1024基 1152基 1664基 2048基
ベースクロック 1126MHz 1033MHz 1050MHz 1126MHz
ブーストクロック 1178MHz 1152MHz 1178MHz 1216MHz
メモリーインターフェース 128bit GDDR5 256bit GDDR5 256bit GDDR5 256bit GDDR5
メモリークロック 7GHz 6GHz 7GHz 7GHz
メモリー容量 2GB 2GB 4GB 4GB
DirectX 12 11.1 12 12
消費電力 120W 170W 145W 165W
最小必要電源 400W 500W 500W 500W

 そんな注目ビデオカードを採用したゲーミングデスクトップが、パソコン工房で販売中の「iiyama PC」 「GS5150-i5-RMB」だ。

GeForce GTX 960搭載で最小構成価格は10万7979円からの「GS5150-i5-RMB」

(次ページでは、「最新GPUを搭載しながら10万円台と低価格が魅力」

前へ 1 2 3 4 5 次へ