このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

auで待望のコンパクトAndroid 「AQUOS SERIE mini」を写真で見る!

2015年01月31日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4.5型フルHDのIGZO液晶を搭載しながら、iPhone 5sを若干幅広にしたサイズという、コンパクトなAndroidスマホ「AQUOS SERIE mini SHV31」がauから発売された!

 au春モデルとして発売されたばかりの「AQUOS SERIE mini SHV31」。4.5型フルHDのIGZO液晶(1080×1920ドット)を搭載しながら、本体サイズは約63×124×9.9mmと、横幅こそ若干大きいが、縦はiPhone 5sとほぼ同じ(iPhone 5sは約58.6×123.8×7.6mm)。auでコンパクトなAndroidスマホを求めていた人には待望の1台だろう。

大型モデルが中心のauのAndroidスマホとしては、久々の本格的なコンパクトモデルとなる

 コンパクトなサイズながら、auで提供している最新ネットワーク/サービスに広く対応しているのも本機の特徴。キャリアアグリゲーション/WiMAX 2+に加え、VoLTEにも対応。クリアな音質で通話が可能だ。

 その他のスペックも高く、CPUは2.3GHz動作のSnapdgoran 801、メインメモリーは2GB、内蔵ストレージは16GB。カメラも1310万画素となっている。さらにシャープ独自の機能で、場面に合わせてスマホが話しかけてくれる「エモパー」も搭載している。

爽やかな印象のシアン。単色でクリアな背面は清潔感がある。シャープ製端末らしく、microUSB端子は防水対応(防塵非対応)でキャップレス
三辺狭額縁の「EDGEST」デザインを採用。ソフトバンクの「AQUOS CRYSTAL」ほどではないが、ギリギリまでディスプレーがある。その代わりにインカメラは下部に

 今回テストした実機のカラバリはシアンで、背面は単色でクリアな見映えに加え、サラサラとした手触りが気持ちいい。そのほかにもマゼンタ、ホワイト、ブラックの各色も用意されている。

 au Online Shopでの価格は、一括購入時に6万8040円。さらに毎月割として、3万5640円が発生するため、実質価格は3万2400円となっている。

シャープ製スマホでおなじみの「Feel UX」を採用。デスクトップシートとアプリシートの2画面を左右フリックで切り替えられ、上下のフリックで次のページに移動できる
au VoLTEにも対応。始まったばかりのシンク機能も早速利用できる

(次ページでは、「残りの3色のカラバリ&詳細スペック表」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART