このページの本文へ

2月発売に向け、期待高まる

“VAIOスマホ”について、今わかっていること

2015年01月31日 12時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VAIO Pro」同様、VAIOスマホもシンプルなデザインとなるのでしょうか

 既報のとおり、日本通信は1月30日、VAIOブランドを冠するスマートフォンの発売時期を「2015年2月」と公表しました。

 発売まで1ヵ月を切り、いよいよ期待が高まってきた「VAIOスマホ」。現時点でわかっている情報をまとめてみました。

キーワードは「トータルパッケージ」、スマホ単体販売は無い?

日本通信により公開された、VAIOスマートフォンのパッケージ

 通称「VAIOスマホ」は、日本通信とVAIO株式会社との協業で市場投入を準備しているもの。

 「トータルパッケージ」という言葉がひとつのキーワードとなりそうです。ハードとしての「VAIOスマホ」と、ソフトとしての「日本通信のサービス」をセット販売することを前提としている、という意味です。

 「SIMフリー端末」であることに間違いはなさそうですが、日本通信の決算発表会では、三田聖二社長が「SIMロック解除義務化直前に発売できることは、むしろ絶好のタイミングだ」とのコメントを残しています。(すべての端末がSIMフリーとなり)スマホ本体のみ購入するのが当然となる前に……ということでしょうか。

 いずれにせよ、VAIOスマホは「トータルパッケージ」。手に入れるためには日本通信のサービスに契約することが必須となるのでしょう。記者の感想としては、協業というよりもむしろ「日本通信が主体の企画に、VAIOが協力している」ように思えました。

2月16日「VAIO meeting」では発表しない!

 日本通信は「2015年2月発売予定」であると公表しています。

日本通信の決算説明会スライドより。2月発売が明らかに

 2月といえば、ユーザーイベント「VAIO meeting 2015」が16日に開催されます。PC新製品の発表とともに、スマートフォン製品のサプライズ発表&発売にも期待したいところ。だったのですが……

 しかし「VAIO meeting」ではPCの発表のみで、スマホ発表は予定していないとのこと。

「安曇野フィニッシュ」はしない

 VAIOといえば「安曇野フィニッシュ」。本社を長野県安曇野工場に据え、設計から製造、出荷まですべて安曇野で行なうことで知られています。

 今回の「VAIOスマホ」ではどうなるのでしょうか? VAIOが担当するのは主にスマホ本体のデザインで、それ以外(生産や販売)は日本通信が担当するそう。

 つまり「安曇野工場では製造しない」ということになるようです。

箱が公開されましたが、サイズや色は…?

 箱が明らかになれば、中身もそれとなく予想できそうなもの。黒い箱に、まさかカラフルな中身を入れているとは思えません。箱と一緒に本体のサイズやデザイン、色も明らかにしていいのでは…?

 と目論むも、やはりそこは「トータルパッケージ」。共同で発表会を行なうまで、情報提供は不可のようでした。なお、報道関係者への案内は2月中旬ごろとなるそうです。

 最後に「非常にシンプルなものですが、魅力的に仕上がっています」とコメントを頂きました。2月、楽しみに待ちましょう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART