このページの本文へ

MS、ホログラム対応HMD「Microsoft HoloLens」を公開

2015年01月22日 07時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年1月21日(米国時間)、Microsoftが次期OS「Windows 10」の紹介イベント「Windows 10: The Next Chapter」を開催。Windows 10のホログラム技術、ホログラム対応HMD(ヘッドマウントディスプレー)「Microsoft HoloLens」を公開した。

「Microsoft HoloLens」利用イメージ
「Microsoft HoloLens」のデモ動画その1
「Microsoft HoloLens」のデモ動画その2
「Microsoft HoloLens」正面側
「Microsoft HoloLens」背面側
「Microsoft HoloLens」右側面
「Microsoft HoloLens」左側面

 Microsoftは、Windows 10について、ホログラム技術を扱える初のプラットフォームと位置付けて関連APIを用意。ホログラムを「Windows universal apps」として(指または音声で)操作できるようにしている(同時に、すべてのWindows universal appをホログラムとして利用できる)。Microsoft HoloLensは、その対応ハードウェアというわけだ。また、詳細は明かされていないが、「Holographic Processing Unit」(HPU)、advanced sensorsを搭載し、Microsoft HoloLensとPCを無線にて接続するとしている(無線接続に利用している規格なども不明)。

イベントで行われたデモの様子。「Microsoft HoloLens」を装着している女性(写真左)には、右の写真のように見えている。ちなみにこの男性は、オペレーティングシステム担当エグゼクティブ バイスプレジデントのテリー・マイヤーソン(Terry Myerson)氏
こちらもイベント中のデモ。表示されたアイコンを指でタップしている様子
起動したソフトを操作中(写真左)。「Microsoft HoloLens」を装着している者には、写真右のように見えている

 Microsoft HoloLensのページでは、従来のVR(Virtual Reality)技術との違いも挙げられている。

 VRの場合、コンピュータが生成した仮想空間にユーザーが入り込むようなイメージで、仮想物が現実にある物体に隠れて見えなくなったりしないよう、注意する必要があったりする。一方Windows 10のホログラムは、たとえば仮想物が現実世界に存在するような形態、エクスペリエンスを提供するという。

 SDKを含め、ソフトウェア開発者向けの詳細な情報は4月29日(米国時間)開催の「Build 2015」にて公開する模様だ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART