このページの本文へ

Raspberry Pi「Raspberry Pi Model A+」

2000円台の小型コンピューターボード「Raspberry Pi Model A+」

2015年01月21日 23時29分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Raspberry Pi」の新モデル「Raspberry Pi Model A+」の販売がオリオスペックでスタートした。価格は2790円(税抜)と安価な小型コンピューターボードだ。

「Raspberry Pi」の新モデル「Raspberry Pi Model A+」

 「Raspberry Pi Model A+」は、2014年7月発売の「Model B+」からメモリーとUSBを削減し、小型化・薄型化・低消費電力・低価格を実現した製品。256MBメモリー、USBポートを搭載、Model B+と同じ仕様の40ピンGPIOを持ち、簡単に機能拡張が行なえるとしている。

インターフェースはUSB×1、HDMI×1、オーディオ出力×1、microUSB×1(電源用)
「Raspberry Pi Model A+」(写真:左)と「Raspberry Pi Type B+」(写真:右)との比較

 CPUには「BCM2835」(ARM1176-700MHzコア)を採用。また、SDメモリーカードスロットはMicroSDメモリーカードスロットへ変更されている。なお、電源は5V(USB給電またはGPIOピン)で動作するのはほかのRaspberry Piボードと同じだが、Model Aの300mAよりもさらに低い200mAを実現している。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中