このページの本文へ

情報を集めて感染リスクを回避!

無料スマホアプリで、インフルエンザ対策

2015年01月21日 19時54分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
厚生労働省サイトより、2015年第2週(1月5日~1月11日)のインフルエンザ流行マップ。

 インフルエンザの流行が本格化している。最近ではテレビやネットのニュースでインフルエンザの情報を得られるが、地域によっては状況が違うことも。そこで役に立つのがインフルエンザや風邪の情報がわかるスマホアプリだ。自分が住んでいる地域の最新情報をチェックして、外出時などに役立てて欲しい。

NTTドコモが提供

あなたの街のインフルエンザ情報
無料


 あらかじめ設定した3つの地域と現在地の4ヵ所のインフルエンザ流行情報及び学級閉鎖情報を知らせてくれる。前日のインフルエンザ推定患者数情報がわかるので、自分の住んでいる地域でどのくらいインフルエンザ患者が増えているのかリアルタイムで把握できる。

 さらに、設定した地域のインフルエンザ推定患者数が一定の値になった時に「注意」「警戒」の情報を通知で知らせてくれる。

 そのほか、都道府県の流行情報を地図やグラフで確認したり、インフルエンザの流行傾向の推移や昨年との比較が可能だ。

■関連情報

絶対湿度を算出、感染危険度をお知らせ

インフルエンザ予報計
無料


 インフルエンザの流行には湿度が大きく影響するという。このアプリは、気温、湿度の予測データから「絶対湿度」を算出し、季節性インフルエンザの感染リスクを5段階で表示する。今後24時間の天気、気温、湿度、風向、風速の状況もわかる。地点設定をすると、情報を表示する地域を最大5カ所まで登録可能だ。FacebookやTwitterへの共有に対応しており、インフルエンザ情報をシェアできる。

■関連情報

インフルエンザ警戒指数を確認

インフルエンザアラート お天気ナビゲータ
無料


現在の警戒レベル(インフルエンザレベル)を確認できるアプリ。設定したレベルを超えると通知音やポップアップで知らせる。インフルエンザ指数に応じて、80~(非常に警戒)/60~(警戒)/40~(注意)/0~(やや注意)の4段階で警戒度を表示する。

■関連情報

正しい手洗いの手順がわかる

ARで知る!インフルエンザ
無料


 インフルエンザ予防の基本は手洗いうがい、マスクの着用。でも風邪予防に効果的な「正しい手洗い」は意外と知られていない。

 大塚製薬が提供するこのアプリは、AR(拡張現実)を利用してアニメーションで楽しくインフルエンザの感染拡大対策を確認できる。動くイラストで正しい手洗いの方法や正しいマスクの装着法を学べる。

 本来は医師からもらえるインフルエンザ対策についてまとめたパンフレット(指導箋)と連動するアプリ。パンフレットについているARマーカーから読み取って使うが、アプリの公式サイトでもマーカーが配布されている。

■関連情報

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中